教育・研修

第11回AMG放射線部 MRI技術研究会 

日時:平成29年7月13日(木)15:00~17:00
場所:GEヘルスケアジャパン埼玉支店
報告者:二本栁 掌一

第11回MRI技術研究会は21名の参加者を集い開催されました。
本年度1回目となる今回の内容は、ジュニアレベルに向けたMRIの基礎と医療安全について行われました。

講座①では、MRIの基礎と称して、MRIの原理からどのように画像が作られているかまで分かりやすくご講演頂きました。MRIは目に見えない部分でのイメージが複雑で、初心者には理解が難しい部分ですが、丁寧な進め方でとても理解しやすく解説して頂きました。

講座②では、MRIの医療安全について、ご講演して頂きました。ひとつ間違えると重大な事故につながるMRIの管理について、磁場・電波・ヘリウムの各項目に分けて学ぶことができました。MRI検査に携わる者として、安全については日頃から気を付けていくことが重要だと再認識しました。

施設による演題発表では、上尾中央第二病院 遠藤様より「MRI緊急停止ボタンを押してみた」と題したご講演を頂き、通常では見ることのできないクエンチの動画を見せて頂きました。安全スイッチは医療事故を起こさない為に必要ですが、誤って押してクエンチを起こしてしまうと、磁場調整等で装置が使用できなくなってしまったり、ヘリウムガスの補充に数百万の費用が発生することもあり、注意喚起にもなるとても良い内容でした。

また、今回は事前アンケートにて、各施設の頭部MRI検査の撮影方法をまとめてみました。
各施設の指示医の意向や時間等の制限により、多少の違いがあることが分かりました。
今回の研究会も基礎から医療安全まで重要な事を学ぶことができ、とても有意義な時間でした。

第11回AMG放射線部 MRI技術研究会  第11回AMG放射線部 MRI技術研究会 

▲TOP

第9回AMG放射線部 MMG技術研究会

日時:平成29年7月11日(火)15:00~17:00
場所:上尾中央総合病院
報告者:中島 友里

今年度の初回開催となるMMG技術研究会が7月11日に上尾中央総合病院放射線技術部にて開催されました。今回の内容はMMG初心者向けの講義と実技演習となりました。

ポジショニングの大切さを理解してもらうには、乳腺葉の配置や予想できる拡がりなど簡単な病理知識が必要不可欠となります。
また、脂肪性の乳房でも退縮した乳腺葉は胸筋付近まで伸びているため、乳腺葉を意識した綺麗なポジショニングがここでも重要となり、石灰化の分布も把握しやすくなります。
乳癌の発症が一番多いとされるC、C’領域を最大限に写してくれるMLO撮影は、一方向撮影だけでは病変の位置を特定することが難しく、CC撮影にて情報を補填しています。

実技演習では、撮影者の手の使い方が細かく説明され、指先だけの点では触らず、手全体を使って面でポジショニングが出来るようにファントムを使用して練習が行われました。CC撮影では被検者の顔を横に向けますが、少し斜め上を向かせることで検側の肩の力が抜きやすくなることや、ふくよかな体格の方の皺の入り難いポジショニングの仕方なども学びました。

ここで勉強したことが日常業務に少しでも活かされるよう、出来ることから実践して頂けたらと思います。

第9回AMG放射線部 MMG技術研究会 第9回AMG放射線部 MMG技術研究会

▲TOP

第2回AMG放射線部 リフレッシュセミナー

日時:平成29年6月17日(土)~18日(日)
場所:AMG軽井沢荘
報告者:梅原 克弘

今年度のリフレッシュセミナーは診療放射線技師として3年から5年の勤務経験を持つ技師を対象とし、保養所でもあるAMG軽井沢荘にて、2日間に渡り開催されました。
対象となる技師達は仕事にも慣れはじめ、自信もついてきた頃ではありますが、個々のやる気に差がでる時期でもあります。このセミナーでは、AMG内各施設より同世代の技師21名が集まり、抱えている悩み等について話し合い、解決の糸口を見つけてモチベーションの向上を計ることを目的とされています。

まずは、事前に作成した施設紹介資料を交えた自己紹介を行いました。自施設のアピールポイント等もあり、参加者同士が興味を持てるよう工夫された内容となっていました。
続いて、ワールドカフェ方式によるグループワークは『後輩の指導の仕方』・『積極的な外部施設とのコミュニケーションの取り方』をテーマとして、4グループに分かれて行われました。はじめは遠慮している様子もありましたが、同世代ということもあるのか、徐々に緊張感も解かれてグループワークは進行していきました。

ナイトセミナーでは事前に行われたアンケートの中から取り上げたテーマを基にフリーディスカッションを行いました。和気あいあいとした雰囲気の中、自身のモチベーションを向上させる積極的な意見交換が行われました。

このリフレッシュセミナーにて、初めて顔を合わせる参加者が多いなか、非常に多くの意見交換がされて、情報を共有することができたと思われます。同世代の参加者と共に学び、培った横の繋がりを大切にして、AMG放射線部を発展させてくれることを期待しております。

第2回AMG放射線部 リフレッシュセミナー

第2回AMG放射線部 リフレッシュセミナー 第2回AMG放射線部 リフレッシュセミナー
第2回AMG放射線部 リフレッシュセミナー 第2回AMG放射線部 リフレッシュセミナー

▲TOP

第19回AMG放射線部 CT技術研究会

日時:平成29年6月9日(金)15:00~17:00
場所:医科器械会館
報告者:佐藤 栄一

今年度初回のCT技術研究会は東京の本郷にて、26名の参加者を集い開催されました。
講演1「造影基礎から3Dへ」では、造影CT検査の基礎から3DCTAなどのプロトコールについての解説がありました。再現性については、TEC(Time Enhance Curve)が指標となり、ヨード量を体重で決定して注入時間を固定法にすることで再現性が高くなる。
胸部撮影やCTAでは造影剤によるアーチファクトが発生しやすく、生理食塩水による後押しはとても重要である。また、注入は右腕の尺骨正中静脈からすることで、内頸静脈への逆流が少なくなる。
造影CTにおいて3D画像作成は、多方面において重要視されていて、特に術前シミュレーションは医師に重宝されている。診療報酬としても、作業に見合う算定が可能となっていて、3D画像作成が診療放射線技師として、とても重要であることを教えて頂いた。

講演2「Ziostation2最新情報紹介」では、画像処理ソフトの紹介と会場に設置したワークステーションによるデモンストレーションが行われた。
デモでは、より簡単に目的部位を3D画像にて描出する方法として、頭部領域の動脈と静脈の自動分別機能や胸部領域の気管支、動脈、静脈の自動描出機能について解説して頂いた。作業はとても簡単で
1クリックで3D画像を描出することができた。

今回のCT技術研究会では、現在の技師に求められる術前支援について学ぶことができました。

第19回AMG放射線部 CT技術研究会 第19回AMG放射線部 CT技術研究会

▲TOP

第32回AMG放射線部 合同研修会

日時:平成29年5月20日(土)15:00~17:50
場所:島津製作所(東京支社)
報告者:平野 俊之

第32回AMG放射線部合同研修会は、151名の職員に御参加を頂き開催されました。
はじめに、AMG放射線部 田中顧問と吉井次長より就任の挨拶を頂き、新体制への報告が行われました。吉井次長からは平成28年度の放射線部の業績報告と平成29年度の年間計画の報告もされました。
続いて、平成29年度における放射線部の昇格者14名と新入職員14名の紹介がありました。

「 地域医療構想とは ─今知っておかなければならない地域医療構想のこと─」

高崎健康福祉大学健康福祉学部医療情報学科准教授 木村憲洋先生

今年度は特別講演として、地域医療をテーマに木村先生よりご講演を頂きました。
今後、日本社会の需要と需給のバランスが悪化するため、大きく医療提供体制が変わると考えられ、地域格差による診療報酬の制定などの検討が国家レベルでなされている現実を教えて頂きました。
普段聞くことのできない内容を分かりやすくお話して頂き、とても実のある時間を過ごせました。

その他、メーカーによる講演では、最新のアンギオ装置と今後のトレンドについての解説とAMG放射線部による各委員会(5委員会)の平成28年度の活動報告と平成29年度の活動計画が発表されました。

第32回AMG放射線部 合同研修会

▲TOP

第6回AMG放射線部 新入職員研修会

日時:平成29年4月7日(土)9:30~17:00
場所:上尾中央総合病院
報告者:梅原 克弘

平成29年度AMG放射線部新入職員研修会が新入職員14名を迎え開催されました。
はじめに吉井次長より「放射線部の概要、目標管理」について、分かりやすく説明して頂きました。
特に、人口減少と高齢化社会になった時の診療報酬と税金のお話はとても興味深い内容でした。
新入職員達は1日を通して、社会人、医療人としての心構えと必要とされる人材について学びました。

また、診療放射線技師として必要とされる専門的な分野に関する講義も受講しました。
AMG放射線部の理念とVisionを理解し、診療放射線技師としての時間管理、ホウ・レン・ソウ〈報告・連絡・相談〉、5S活動、目標の立て方、接遇、放射線被ばく、業務中のKYTなど、医療安全対策も含まれた内容を学びました。
後半には造影剤についての専門的な基礎知識と安全管理、個人情報の保護や医療情報ネットワークなどの医療情報に関する管理の重要性や診療報酬について学びました。

医療人としての自覚と患者様に接する姿勢など、現場での経験を踏まえた講師より学ぶことが出来た充実した研修会となりました。
新入職員の皆様には、この研修会で学んだことを活かして、配属先での活躍を期待しています。

第6回AMG放射線部 新入職員研修会 第6回AMG放射線部 新入職員研修会 第6回AMG放射線部 新入職員研修会

第6回AMG放射線部 新入職員研修会

▲TOP

トップページ理念採用情報施設情報研修・教育研修会・学術スケジュール