上尾中央総合病院

http://www.ach.or.jp/

Photo

臨床工学科

■血液浄化係

人物画像
当院血液浄化部門は血液透析が50床あり、外来患者さんが約170名、入院患者さん20名(H20.5.20現在)が透析を行なっております。
また当院の特色として周辺地域の透析施設より手術または検査の必要な患者さんをお預かりすると言う地域の中核の透析施設でもあります。

急性期治療も盛んで、ICUでのCHDFや病棟での出張透析ここ数年では潰瘍性大腸炎を対象としたGCAP LCAP(白血球除去療法)などが常時行なわれています。
その他血液浄化療法(血漿交換等)も必要に応じ行なっています。

2010.3に新しい診療棟に透析室が移転します。(70床、全台オンラインHDH対応)
学生の皆さん是非見学に来てください。

■呼吸循環係

人物画像
臨床業務
◎心臓カテーテル検査業務(ロータ・ICD・EPS・アブレーション等の補助)
◎人工心肺装置及び経皮的心肺補助装置(PCPS)操作業務
 大動脈バルーンパンピング装置(IABP)操作業務 <循環補助装置>
◎自己血回収装置操作業務
◎心臓ペースメーカーアシスト及びフォローアップ業務(ペースメーカーチェック)
◎人工呼吸療法業務
◎その他の業務(病棟等で、モニター類の準備・設定・操作など)

機器保守管理
◎新規医療機器購入の調査及び選定
◎臨床工学科管理の機器の修理・保守点検・維持管理(臨床工学科管理機器)
◎臨床工学科管理の機器の更新・廃棄処理
◎医療ガス保守管理

教育
◎院内教育(看護部及び、その他の部署)
◎科内教育(各種認定士・新しい機器や技術の取得及び学会発表等)

特色
当院の臨床工学科(呼吸・循環)は、チーム医療の一部門として総合的に他部門と協調しながら先進医療推進を臨床と経営の両側面から支援し、安全と信頼の確保、医療の質向上を目指した医療技術サービスを提供しています。

医療サービスの品質の向上
臨床現場において臨床工学関連の技術サービスの水準を均一にし質の高い医療サービスを提供している。

高度医療機器の効率的運用と安全性の確保
機器故障、誤操作による事故の発生防止に努めている。

矢印イラスト 各施設紹介TOPページへ戻る

応募フォーム

矢印イラスト このページのトップへ

Copyright© 2008 Ageo Medical Group. All Rights Reserverd.