千葉愛友会記念病院

http://chibaaiyu-kai.com/

Photo

ME科

人物画像
当院でのME科では主に血液浄化、心カテ、機器管理、ペースメーカー業務をこなしております。またBLS、ACLSなど一次・二次救命活動の講習にも力を入れています。私たちは機器を適正かつ、安全に操作し、また医師,看護士その他の医療関係職種と連携して、円滑に治療、検査を行うよう努めております。そして医療技術を提供する技術者として、患者様の立場に立った対応を心がけております。

ペースメーカ業務
ペースメーカー植込術時の閾値測定及び記録、患者データのデータベース管理など、また外来でのフォローアップにて閾値測定、 実測値測定、設定の適正化などを行っています。トラブル時には緊急での対応も行っています。

血液浄化
当院では、全ベッドでオンラインHDFを施行しております。
オンラインHDFとは、大量の置換液を用いた血液濾過透析であり、長期透析患者の 合併症である、透析アミロイドーシスの予防や低血圧症・掻痒症などの軽減につながります。
また、持続的緩除式血液濾過透析(CHDF)、血漿交換・血漿吸着など各療法および 治療装置の操作もおこなっています。

機器管理
主に、呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・モニタ・DC・麻酔器・電気メスなどの保守管理をおこなっております。
各装置のメンテナンス講習にも積極的に参加し、故障時にも院内で対応するようにしております。
また、日常点検・定期点検を通じて患者さんに安心して安全に使用していただけるよう心がけております。

心臓カテーテル検査
心臓カテーテル検査とは、狭心症・心筋梗塞疑いの患者さんに対して心臓の血管を造影して、異常が ないかを調べる検査です。
主な仕事としては、Dr.の補助的仕事として、カテーテル・物品の用意、ポリグラフなどを操作し、 心電図や心内圧・血管内エコーなどの記録・データ整理及び監視を行っています。
また、IVUSの操作、IABPのセットアップ・スタンバイ等があります。

BLS ACLS
ME科ではBLS,ACLSの 訓練を受け、講習会などを開催しています

矢印イラスト 各施設紹介TOPページへ戻る

応募フォーム

矢印イラスト このページのトップへ

Copyright© 2008 Ageo Medical Group. All Rights Reserverd.