プライドリームス埼玉親子スポーツクリニック2016

上尾メディックス

2016.7.27
プライドリームス埼玉親子スポーツクリニック2016

前のページに戻る

7月27日、熊谷スポーツ公園彩の国くまがやドームにて “プライドリームス埼玉親子スポーツクリニック2016” が開催されました。

日本でも暑さで有名な熊谷においての開催とあり、心配もありましたが、長引く梅雨の影響か、比較的天候にも恵まれ、今年も117組の親子、総数234名の皆様にサッカー、野球、ソフトボール、ハンドボール、バスケットボール、バレーボールを体験していただきました。

上尾メディックスからは有田、竹田、三浦、小笹、辺野喜、大室、七種選手と箕輪コーチ、嶋崎トレーナーがコーチングスタッフとして参加し、バレーボール経験者の親子や、普段はサッカーや野球など別のスポーツをやっている親子の皆さんにバレーボールを体験し、楽しんで頂きました。

閉会式後には、全種目のコーチングスタッフで花道を作り、参加者の皆様をハイタッチでお見送りしました。参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

親子クリニック終了後には上尾メディックスと戸田メディックス(ソフトボール)のWメディックスの交流もありました。

- 大室璃紗選手コメント -

大室璃紗選手

今日たくさんの人と一緒にバレーボールをして、たくさんの笑顔と元気に教える側の私がとても元気をもらえました。

少しでもバレーボールに興味を持ってもらえたり、好きになってもらえたらとても嬉しいです。

私も今日改めてバレーボールを楽しむという気持ちを忘れずにこれからも日々頑張っていこうと思いました。

ありがとうございました。

- 辺野喜未来選手コメント -

辺野喜未来選手

埼玉プライドリームス2016ではたくさんの親子が色んなスポーツに触れて、その中でバレーボールを知ってもらえて楽しいって言ってもらいすごくやりがいのあるイベントでした!

色んなスポーツの方とも交流ができ自分自信もすごく貴重な時間を過ごす事ができました!

もっとメディックスやバレーボールのことを知ってもらいたくさんの方に応援していただけるチームになり、リーグ戦も頑張りたいと思います。

上に戻る