さいたま大会 ミニFM実況放送 実施のお知らせ|上尾メディックス

上尾メディックス

2017.12
さいたま大会 ミニFM実況放送 実施のお知らせ

前のページに戻る

さいたま大会 ミニFM実況放送 実施のお知らせ

◆番組タイトル
「FM GO!GO!MEDICS」
◆概要
「ミニFM実況放送」を上尾メディックスホームゲームにて実施致します。
放送は会場内でラジオの周波数を合わせるだけで視聴が可能です。
◆解説&実況
解説/山本隆弘、 実況/和田年弘(ねんこう)
◆実施時間
上尾メディックス出場試合の試合開始5分前~試合終了後まで
◆レンタル
ラジオの無料貸出しを実施致します。
上尾メディックス応援受付テントにて貸出書類に連絡先・お名前を記入していただいた上、身分証明書をご提示いただき貸出完了。返却回収は同じく上尾メディックス応援受付テントにて行います。
◆使用周波数
(現在未定)MHz (会場練習日にセッティングを行いますが、そのタイミングで空きチャンネルを捜し決定)ラジオはFMチューナーが付いたお手持ちの機器でもOKです。

山本 隆弘
山本隆弘

中学一年でバレーを始め、その後、バレーボールの名門鳥取商業高校へ進学。一年からレギュラーに抜擢され、全国大会に出場。バレーボール全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出される。その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、2000年4月の日米対抗戦でエースとして全日本デビューを果たす。卒業後は松下電器産業株式会社に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍する。2004年日本人バレーボール選手としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となる。そして日本中の期待を背負って臨んだアテネオリンピック予選、惜しくも本大会への出場は逃してしまった。その後、2年ほど日本代表から離れるが、2006年に代表復帰。アテネの雪辱に燃える2008年の北京オリンピック。見事チームを本大会へと導いた。2011年のロンドンオリンピック最終予選にもチームのまとめ役として日本代表に選出。2回連続のオリンピック出場を目指したが、予選敗退で本大会出場は叶わなかった。2012/2013年シーズンをもって現役を引退。バレーボールで培った経験を生かし、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。

和田 年弘
和田年弘

『第1回平塚市藤沢市主催記念W杯ウインディカップ競輪』レース実況(BS日テレ)
全国高校野球 徳島県大会実況 (ケーブルテレビ徳島)
『レース速報』アナウンサー(KBS京都)
『レースガイド』アナウンサー(ラジオ関西)
『レースコーナー』アナウンサー(ラジオ関西)
サテライト大阪 トークショーMC
競輪場内 表彰式、選手インタビュー、トークショー、初心者セミナー MC
パナソニックパンサーズファン感謝デーMC
競輪場・場内レース実況アナウンサー(広島、福井、防府、玉野、静岡、小倉他)
競馬場・場内レース実況アナウンサー(園田、姫路、北海道他)
全国高校野球地方大会(徳島大会)
Vリーグバレーボール 場内ミニFM MC
岸和田競輪 岸和田BBスタジオキャスター
サテライト大阪 出張BBキャスター

以上

NEWS

上に戻る