研修・教育制度

充実した教育・研修制度

急性期~維持期の病院・施設においては、心疾患リハ・がんリハ・スポーツリハ・高次脳機能障害のリハ・ADL~QOLまで積極的に取り組んでいます。さらに、訪問リハビリテーションの分野でも需要が高く、在宅生活を支えることに貢献しています。
また、グループ内では、部会や研修会・勉強会など活発に交流しています。

人財育成制度

確実に成長できる人財育成制度

AMGリハビリテーション部では、皆さまが「こんなセラピストになりたい!」と思っていただけるように「期待されるセラピスト像」を設定し、それを目指した成果基盤型教育を導入しております。
また、そこまでの道のりを確実に歩んでいただけるようにAMGリハビリテーション部ラダーの導入を推進し、段階的な能力開発を行っております。
施設基準を開く 施設基準を開く 施設基準を開く
AMGリハビリテーション部だからできる更なるキャリアアップ
AMGリハビリテーション部には多くのベテランセラピストが在籍しており、その知識・技術・経験を「グループだからこそ」共有する機会を多くつくることができます。また、著名な講師の先生をAMGリハビリテーション部だけのためにお呼びすることができるのも「グループだからこそ」です。そのスケールメリットを活かし、「期待されるセラピスト像」まで到達した後には、皆さまのキャリアプランに合わせて更なるキャリアアップをすることができます。
●スペシャリストを目指して
PT/OT/ST部会研修会:各職種に必要な知識を修得
技術研修会:科長クラスのスタッフが後輩育成のために持っている知識を伝達
●マネジメント人財を目指して
管理研修会(平成27年度実績)
▼特別講演Ⅰ:
応用行動分析学に基づいた管理・運営方法
高知リハビリテーション学院 山﨑 裕司 先生
▼特別講演Ⅱ:
PT・OT・STの今後の役割
日本理学療法士協会 会長 半田 一登 先生
その他にも、
リハ管理者継続研修会、老健管理研修会、主任以上研修会、1~3年目チーフ研修 等々実施しています。

多彩な研修会を実施

働きながら仕事に必要な知識・技能を学び、自身のスキルアップを図ります

技術研修会

年間約20回の座学・実技研修を開催しており、実技ではより実践的な技術を学ぶことができます。
27年度開催講座内容(一部抜粋)
痛みの治療(腰椎・下肢~頸椎・上肢)
基本動作の誘導と介助
神経心理学的検査の理解と活用 ~知ろう・触ろう・考えよう~
足関節の機能解剖と治療
関節可動域障害の基礎とADLとの関連性について
やさしい摂食嚥下障害症例検討会・相談会
在宅復帰・支援への工夫
心臓リハビリテーション(非心リハ施設向け)
Photo

気道吸引研修会

気道吸引を業務に導入することが可能となりました。平成22年5月に厚生労働省令より、PT・OT・STによる喀痰などの吸引が可能になり、さらに平成24年より、介護福祉士も可能となりました。
Photo
看護局の協力を得て23年度スタート!
リハビリテーション部独自で養成できる体制へ

23~25年度:合同クラスター単位で全リハ科職員を対象に実施(1,352名修了)
26~27年度:新入職員、未修了者を対象に実施(661名修了)
⇒延2,000名を超えるスタッフが研修を修了しました

●チャレンジ研修 ▶
3年目以上を対象にグループ内の他病院・施設や上尾中央医療専門学校を見学または体験し、システム、知識、技術等を習得する
●地区別研修会 ▶
埼玉・東京・千葉・神奈川・山梨・茨城の1都5県の中で、近隣の7つのクラスターに分かれての研修会
●訪問リハ研修会、認知症リハ研修会 ▶ 専門分野を深めるテーマ別の研修会

●リハ看護合同企画研修会 ▶ 多職種連携のため、看護・介護職との合同研修会

●AMG学会 ▶
日々業務の中で感じている疑問や問題を研究発表することで、医療・介護の質向上に繋げる