記事一覧» 2012年01月

新年を迎えるたびに思う事

 2012年 明けましておめでとうございます。
 年末年始はいかが過ごされたでしょうか?

  忙しさが年々増していることは、自分が年齢を重ねているため体内時計が遅くなっているからと言い聞かせています。

 御用納めの後、自分の机上の書類を片付けて、お正月食材を求めてスーパーへ。食品カゴ2つ分購入。蛍光灯も購入。帰宅し、大掃除開始。キッチン周り、洗面所周り、窓ふき、蛍光灯変え…をコツコツと…。実家に帰って来ていた娘はリビング…。息子は玄関…。なんとか、年越しが出来、年越しそばを家族皆でいただき、今年一年の感謝と新年のお願いをしました。
 元旦は、年賀状が楽しみです。郵便配達の方に有難いと感謝して拝見いたします。今年も私と共に働いた後輩から年賀状が届きました。新卒者として私の病棟に配属された可愛い妹?子供?達です。

新卒で配属された時の不安な顔。
なぜ?と問うと「解りません」と顔を紅潮して必死に返答。
熱があっても勤務に出てきた根性。
夜勤では日勤にも増して、迷惑かけてはならないと緊張。
だんだん、自信がつき顔つきも余裕。
病棟師長だった私とも夜勤を組み、私に指導が出来るまで成長。

 そんなことがあったなあと思い出し、後輩たちがそれぞれの場所や立場で頑張っている姿を思い、頑張っている事を褒め、困ったことがあったら助けてあげたい。こんな気持ちに触れる事が出来ることは、長年勤務してきた勲章だと感謝しています。
 新卒者が私に指導が出来るまでは1年間しかかかりませんでした。新卒看護師でも国家試験を合格した逸材。指導方法が最大の鍵と今でも確信しています。
 平成23年4月の新卒看護師は、そろそろ1年が経過し、平成24年度卒の新卒看護師が入職します。この看護師達が「看護師になって良かった。看護することは素晴らしい。」という経験をして輝いた人生を歩く事が出来る事が私のビジョン!これに向かって今年も頑張らなくちゃ!と、気持ちを新たにしました。
 1月4日が仕事始めですが、年末年始関係なく現場は勤務でした。私も20年間年末年始はゆっくりと休めませんでしたが、勤務していた職員の皆さんに感謝しつつ、今年もよろしくお願い申し上げます。