卒業生にエールを送ります!

 お久しぶりです。寒かった冬もやっと春めいて来ました。

 東日本大震災から1年が経ち、追悼式があちこちで開催されました。未曾有の事とは言え、一瞬にして沢山の命が奪われた事は非常にショックで、災害に見舞われた方のお気持ちを考えると本当に胸が苦しくなります。一日も早い復興をお祈りいたします。

 さて、当グループは看護専門学校と、医療専門学校として理学療法士、作業療法士の学校を持っています。

 卒業シーズンのこの時、看護専門学校は3月2日、医療専門学校は3月13日に無事に卒業式を迎えました。卒業生の皆さん、良く頑張りました。また、エールを送ります。頑張り徹したご自分を褒めてください。 

 3年間や2年間の課程をすべて終了(クリア)し、国家試験の結果を待って、資格を持ちますが、資格を大切にして、自己研鑽に励んでください。

 看護師や療法士の基礎を学んできましたが、私達の仕事の対象は、「命」です。かけがえのない「命」です。「もう2度と生まれてこない命」なのです。ですから、失敗は許されません。

 懸命に勉強して、工夫して、実行していくところに、専門職としてのおもしろさややりがいが体験できるでしょう。その体験を大切に、いくつも積んで行けばスペシャリストになります。どうぞ、スペシャリストになって「看護」や「リハビリ」の素晴らしさを後輩に伝えてください。 

 「頑張った」という自信がある卒業生のりりしい姿に感動し涙が出ました。本日は、誠におめでとうございました。