記事一覧» 2013年09月

第34回 CMS学会 昨日開かれました

秋も深まってきた昨日、第34回CMS学会が東京のJR有楽町駅から近い国際フォーラムで6,000名の職員が集まり開催されました。

CMSとは中央医科グループの略で、イムスグループ・戸田中央医科グループ・上尾中央医科グループ他で構成しています。

毎年一度、学会を開催しておりまして昨日が今年度の学会でした。

晴天の広がる穏やかな日でした。各病院施設から6,000名の方々が集まり、第一会場となったホールAは満席です。3グループの会長・副会長からお言葉をいただき、基調講演では救助犬訓練士協会 事務局顧問の山田道雄先生から2011年3月11日の東日本大震災で救助犬の出動で生存者の発見に協力されたお話をお聞きしました。

午後からは演題発表で合計85演題が発表されました。評価者は各病院・施設の院長先生が担当され各セッション(15セッション)から優秀賞が選ばれました。うちのグループからの優秀賞は、メディカルトピア草加病院の看護師、上尾中央総合病院の作業療法士と事務、千葉愛友会記念病院の診療放射線技師、上尾中央総合病院付属エイトナインクリニックの臨床工学技士の5演題が選ばれました。おめでとうございます。

学会はとても勉強になります。明日からの仕事に役立つようにお互いが影響し合って医療・介護の質が確保されますよう願っています。