記事一覧» 2014年01月

施設訪問記 吉川中央総合病院(埼玉県吉川市)

1974年9月、埼玉県の吉川市に吉川中央病院として開設されてから丸40年。JR武蔵野線吉川駅北口から徒歩8分に地域の皆様に愛され続けた吉川中央綜合病院(264床(療養型 54床))があります。

今日は、今年始まって間もないのですが、訪問してきました。

昨年、1月に新築の新棟に引越し、現在2期工事中で年内の完成を待っています。電子カルテも導入され職員は意気揚々として笑顔でした。

年初めということもあって、看護部の部長、副部長をはじめ科長、係長が集合して、新年の挨拶をしてくださいました。これには感激でした。なんといっても看護職員が元気なことは病院が明るくなります。これからも今まで同様チーフの皆さんの笑顔で患者さま第一の医療・看護の提供をお願いします。ありがとうございました。

2014年 明けましておめでとうございます。

昨年も追われながらの毎日でしたが、皆さんに支えていただき感謝で新年を迎えました。皆さんはいかがでしたでしょうか。

今回の年末年始も休みがない病院・施設を思いつつ、12月30日と31日は年始の買い物と掃除、元旦は家族大集合ですき焼きを賞味し、2日と3日は箱根駅伝の応援と恒例のスケジュールで過ごさせていただきました。今年は元旦から天候も晴れやかで初日の出もあちこちから綺麗な映像が送られてきました。箱根駅伝は参加された選手の方々もいつもの力が出せたのではないかと思います。

今年も大学の襷を前走者から受けて次の走者に襷を渡すために、苦しくても辛くてもあきらめず踏ん張る大学生の方に力をいただき、私も自分の役割をしっかりと果たすために踏ん張ろうと思いました。

皆さんに今年も神様から祝福がありますようにお祈りするとともに、今年もよろしくお願い申し上げます。