カモに元気をもらいました

私の散歩コースに見沼代用水(みぬまだいようすい)が流れています。見沼代用水は、江戸時代の1728年(享保13年)に幕府の役人であった井沢弥惣兵衛為永が新田開発のために、武蔵国に普請した灌漑農業用水のことで、名前の通り、灌漑用溜池であった見沼溜井の代替用水路で、流路は、現在の埼玉県行田市付近の利根川より取水され、東縁代用水路は東京都足立区、西縁代用水路は埼玉県さいたま市南区に至り、埼玉・東京の葛西用水路、愛知県の明治用水とならび、日本三大農業用水と称されていて、疏水百選にも選定されている。と辞書に載っていました。素晴らしい用水路で、このために、農作物が潤っているのだ。と改めて感謝します。

早朝の散歩コースは、見沼代用水路脇のヘルシーロードですが、だいぶ前から鴨が2羽いることを目にして、いつか写真に撮れたらと狙っておりました。橋を渡ろうした時に、近くを泳いでいましたので、急ぎ、写真を撮りました。東京生まれ、東京育ちで自然に触れ合うことが少なかった私は、自然にいる鳥たちに感激です。

「今日も一日、頑張るぞ!」と、元気をいただきました。