「工場見学!四国高松・新居浜へ」

12月の寒さ厳しくなり、雪の心配も出てきた中、四国の高松と新居浜へ工場の見学に行かせていただきました。紙おむつと手術用キットの作業工程を拝見してきました。

紙おむつは大きな機械が紙やパルプ原料からダンボールに入るまでの工程が流れて1分間にそれぞれの種類で違いますが、300枚以上が出来上がるのです。途中では異物混入のチェックでラインから不良品として外部に排出されます。本当に感心しました。機械を作成した技術屋さんの凄さを思わされました。

また、手術用キット作成は清潔空間の中で着々と作業が行われていました。密閉した空間で作業をしている職員の気晴らしを含め、食堂は窓を広くとり心をなごませる場を作るなど職場環境を考えた工場でした。

職員の皆さんの懸命な取り組みで品質が確保されていることを拝見して、私たちも看護・介護の質を確保することにもっともっと努力し続けることが大切だと思いました。

工場見学をさせていただきありがとうございました。

香川名物「かき揚げうどん」も頂いたことも付け加えます。「うどん」もコシがあってすごく美味しいですよ。ごちそうさまでした。(^^)