バレーボールチーム 『上尾メディックス』納会

当グループには、皆さんの中にはご存知の方も沢山おられると思いますが、実業団バレーボールチームがございます。そのチームの名前は『上尾メディックス』と申します。

現在、プレミアリーグを目指すVリーグ第1位のチームであります。平成22年度は、グループ一丸となりプレミアリーグに入る事を目指し、監督、選手はもちろんのこと、応援団も結成し、リズミカルな応援ミュージックもオリジナルで作成し、Vリーグ戦19勝1敗と言う最高の成績でした。未曾有の大震災のために、プレミアリーグの入れ替え戦が中止となってしまい、非常に残念な思いもいたしました。

悔しい気持ちをバネに、平成23年度の試合も勝ち進んでいってほしいと言う願いで、納会が行われました。私もお誘いを受けましたのでお伺いしました。

試合も観戦させていただきましたが、何年も前からのファンが大きなカメラで選手のシャッターチャンスを狙っていました。「選手は有名人だ」と初めて知った無知な私ですが、選手のかわいらしさと素直さには、バレーのコートで爆発している姿とは打って変わり、ビックリです。

看護局には背番号12番の安藤典莉子選手が勤務しています。時間数とすると1週間に1日程度ですが、何事にも素直で忠実です。こんな風だから、長年のファンの方がいらっしゃるんだなあと感心しています。

私は昨年からの「にわかファン」で恐縮ですが、これからも大きな声で応援します。上尾メディックスの試合で選手のサインがめっちゃ書いてある青色のシャツを来て応援しているおばちゃんがいたらそれは私かもしれません。お気軽に声をかけてください。共に上尾メディックスの応援をしましょう。