平成25年度 AMG新卒者入職式 最高800人超える。

平成25年度の新卒入職式が4月1日埼玉県上尾市文化センターで挙行されました。

当日は、医師、事務、コメディカル、看護、介護など合わせて808名の参加で会場いっぱいの入職者でみごとでした。私たちの職場を選んでくださった入職者に感謝しました。

 中村会長、副会長、川村総局長から励ましの言葉を送られ、人事部の昨年新入職者だった職員から名前を呼ばれ、「一同、礼、着席」を行う姿に母のような、先輩のような、上司のような、どちらにしてもうれしい気持ちで拝見しました。

 看護職員・介護職員は306名で一番多い職種ですが、ここ数年、リハビリ職員が急上昇しており、250名を超す勢いです。病院や老人保健施設や訪問系ではリハビリを必要としている環境が多くなっている証拠です。

 4月1日から2日間は合同研修でしたが、3日は各部門の研修でした。看護局も応援メッセージを送り、4月4日から各配属施設で勤務となりました。看護・介護は直接命と向き合うので、厳しく、ストレスも高まりますが、やりがいのある良い仕事です。どうか頑張ってほしいなあと思いました。

また、看護局にも新卒者が1名配属されました。今までの環境と違って責任があるので大変かと思いますが、どんどん成長していってほしいと思います。

私は新卒入職式を思い出そうとしても思い出せず。していただいたのかも分かりません。思い出せないくらい昔々の出来事なのだ。と苦笑いです。

中村会長挨拶

中村副会長挨拶

新卒者研修の様子