h1 AMG看護局長より

局長よりごあいさつ

   AMG協議会看護局には、看護・介護職員7,057名(平成28年4月現在)が在籍しており、「患者・利用者様に最良の看護・介護を提供できる事」、そして「やりがいを持てる事」を応援しています。
   AMGグループ内では統一の看護職・介護職キャリアラダーが運用されており、職員全員がラダーにのってキャリアアップをしています。
   看護師の専門的な職種(認定看護師・透析看護師・訪問看護師・内視鏡看護師・手術室看護師・回復期リハ看護師など)は、交流会を持ち、疑問や不安などを共有・解決し、お互いに切磋琢磨して成長できるような環境を作っています。
   教育に関しては、看護局主催で勉強会を実施しております。また、同グループの教育施設でもあるキャリアサポートセンターでは、看護管理者研修ファーストレベル・セカンドレベルに続き、サードレベルも準備を開始しました。また昨今注目されている医療的ケアや認知症ケア研修、訪問看護養成講座も実施されます。これらの研修もグループ内はもちろんのこと外部の方にも広く利用されています。
   AMGの看護・介護職員は病院・施設内に限らず、地域等様々な場所で活躍しています。
AMGには、現在、病院(高度急性期・一般急性期・回復期・療養など)が27、訪問看護ステーション17、老人保健施設21、老人福祉施設2、通所介護、グループホームなど数多くの施設を有しています。また、看護学校も2つありますので進学希望の方の他に教員を志望している方も自分の希望通りの職場で働くことができます。
   ぜひ、AMGで共に輝き、やりがいをつかんでください。皆さんをお待ちしています。

 

上尾中央医科グループ
看護局 局長 柳谷 良子