h1 AMG看護局長より

局長よりごあいさつ

 看護局 局長 林 勝枝

   当グループは1964年の設立当初より「愛し愛される病院・施設」を理念とし、地域住民に必要とされる医療・介護を目指し、今年で55年を迎えております。現在グループ全体の職員は18,000人を超え、看護職におきましては6,700名余りの看護・介護職が在職し、それぞれの職場で活躍しております。今年度は新たに400名余りのスタッフが入職予定です。
   現在わが国は、少子超高齢化社会に直面し、看護・介護を必要とする方が増える一方で、その業の担い手不足が深刻化しております。この問題はグループにおきましても同様であり、資格取得支援の強化や外国人技能実習生の受け入れ等、新しい取り組みを行い、スタッフが働きやすい環境の整備に積極的に活動しております。
   また、今年度は新しい元号に合わせたかの様に、当グループにも28番目の病院となる「横浜鶴見リハビリテーション病院」が6月にオープン致します。グループとしては久しぶりとなる新病院の完成に向け、今現在準備を進めております。
   看護本部の目標であります「患者さま・利用者さまに最良の看護・介護が提供できる人財の育成」をめざし、今年度も初任者を中心とした育成研修に重点を置き活動してまいります。
   今後ともご支援ご協力のほど、宜しくお願い致します。

 


2019年4月
上尾中央医科グループ協議会
看護本部 局長 林 勝枝