上尾中央医科グループ 訪問看護上尾中央医科グループが提供する訪問看護サービス

ご利用者様の声

訪問看護ステーション一覧ご利用者様の声

ご利用者様の声

当ステーションご利用の皆様よりいただいた声をご紹介します。

  • ご利用者様の声
    A様
    脳梗塞の母を娘一人で看ております。看護師さんには毎週来てもらえることで、介護の相談はもちろんのこと、受診のことやお医者さんが説明してくれたことをさらに分かりやすく説明してくれて助かっています。

    いつでも相談できるので安心して生活できます。

    ご利用サービス:胃瘻(経管栄養)・褥瘡処置

  • ご利用者様の声
    B様
    人工肛門を作っての退院で不安がたくさんありました。
    看護師さんが看てくれると安心で、色々な助言ももらえて助かりました。パウチから漏れて途方に暮れた時、緊急でも来てくれて、対応が的確でとても助かりました。ありがとうございました。

    ご利用サービス:人工肛門(コロストミー)

  • ご利用者様の声
    C様
    終末期の大切な時間を看護師の皆様の訪問を受けることができ、在宅で過ごせた母は本当に幸せだったと思います。会いに行くたび弱っていき、不自由になっていく母を目にすることは大変苦しく悲しいものでした。その中で皆様の真摯な看護作業は母に力を与えて下さると共に、そばにいる私にも力を注いでくれました。

    母が旅立ってからは父の事が心配でしたが、日が経つにつれ涙の量が減ってきたようです。 先日、看護師さんが訪ねて下さいましたことを父は大変喜んでいました。

    お忙しい中いつまでもお力添えをいただき大変恐縮しております。
    本当に有難うございました。

    ご利用サービス:在宅中心静脈栄養、在宅酸素療法、尿バルン留置カテーテル

  • ご利用者様の声
    D様
    1人暮らしの父が末期がんになりました。父のどうしてもの希望で今の暮らしを続けたいと言われて途方に暮れていましたところ、訪問看護サービスを紹介されました。

    看護師さんが父の状態に合わせて訪問してくださり、家族にもこまめに連絡頂けて、状況が分かって不安が少し取れました。

    お医者さんやケアマネジャーさんとも連携をとってくださり、父の体調に合わせた暮らしを、父の希望通りに、また、思った以上に自宅で長く過ごすことができました。感謝しています。

    ご利用サービス:ターミナルケア(独居)・在宅酸素療法・リハビリ

よくあるご質問

お問い合わせをいただく中から、よくある質問をご紹介いたします。

  • よくあるご質問
    訪問看護には誰が来てくれますか?
    よくあるご質問
    訪問看護ステーションに在籍している看護師が訪問します。
    リハビリ・機能訓練目的の際は、理学療法士や作業療法士が訪問します。
  • よくあるご質問
    訪問看護は週に何回、利用できますか。
    よくあるご質問
    介護保険では、ご利用者様の希望にそってケアプランに組み込まれますので、回数に限度はありません。

    医療保険では、基本的に週3日までとなっています。
    急に症状が悪化したときなどは、医師の特別指示によって、医療保険で毎日訪問看護を利用することもできます。
  • よくあるご質問
    急に具合が悪くなった場合にも対応できますか?
    よくあるご質問
    当訪問看護ステーションは、緊急訪問看護体制をとっています。

    体の具合が悪い時や不安な時に、訪問看護ステーションの営業時間外や休日にも看護師の緊急用携帯電話にご相談いただけます。必要時には主治医と連携のもと、緊急訪問します。
  • よくあるご質問
    家族の同席、同居は必要ですか?
    よくあるご質問
    必要ではありません。独居の方も多く利用されています。
    ただし、事前によく相談した上で、お留守宅でも大丈夫かどうかを判断させていただきます。
  • よくあるご質問
    自宅以外の場所でも訪問看護を受けられますか?
    よくあるご質問
    別途費用が必要になる場合がありますが、自宅以外でも訪問看護をご利用いただけます。
  • よくあるご質問
    キャンセル料はかかりますか?
    よくあるご質問
    サービス実施日の前日までにご連絡がない場合はキャンセル料をいただきます。
    ただし、ご利用者様の容態の急変など、緊急でやむを得ない事情がある場合はキャンセル料はいただきません。
  • よくあるご質問
    「医療保険」と「介護保険」、どちらの保険が利用できますか?
    よくあるご質問
    医療保険対象の方は、40歳未満の方・要介護認定「非該当」となった方、又は厚生労働大臣が定める疾病(※1)、癌末期や急性増悪期の方です。

    介護保険対象の方は、介護保険の被保険者であり「要介護1〜5」又は「要支援1〜2」に該当した方がご利用できますので、担当のケアマネージャーにご相談ください。

    ※1 厚生労働大臣が定める疾病とは】
    • 末期の悪性腫瘍
    • 多発性硬化症
    • 重症筋無力症
    • スモン
    • 筋萎縮性側索硬化症
    • 脊髄小脳変性症
    • ハンチントン舞踏病
    • 進行性筋ジストロフィー症
    • パーキンソン病関連疾患
    • 多系統萎縮症
    • プリオン病
    • 亜急性硬化性全脳炎
    • 後天性免疫不全症候群
    • 頸髄損傷
    • 人工呼吸器を使用している方
  • よくあるご質問
    訪問看護でリハビリはできますか?
    よくあるご質問
    看護師や理学療法士(PT:Physical Therapist)がうかがってのリハビリが可能です。

    ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復、維持および障害の悪化予防を行います。