ワークライフバランス

キャリアアップ

新人看護職員研修制度

 AMGでは、全病院が新人看護職員研修制度を導入して5年目を迎えました。各病院とも組織全体で新人を育成していく体制が整備されてきました。今年度はグループ統一のクリニカルラダー運用開始に伴い、新人職員だけではなく指導者育成にも力を入れていきます。

新人看護師研修体制における組織

【厚生労働省 新人看護職員研修ガイドラインより引用】

新人にかかわる指導者の要件と役割(厚生労働省ガイドラインを参考)
 
要 件
役 割
研修責任者
  • 1.部署管理者と同格か、それ以上の職位にある者
  • 2.認定看護管理者制度セカンドレベル修了者、もしくは組織的な教育・研究活動を主体的に実践するための教育を受けている者が望ましい。
  • 1.全職員に対し新人看護職員研修制度の伝達・周知
  • 2.新人看護職員教育の企画・運営
    (ローテーション研修企画も含む)
  • 3.新人看護職員研修運営委員会の構築・運営
  • 4.新人看護職員全員の研修進捗状況把握
  • 5.教育担当者と実地指導者への教育的・精神的支援と指導
  • 6.看護基準・手順の確認と見直し
  • 7.研修の最終評価
  • 8.各部署の所属長、教育担当者との連携
教育担当者
  • 1.臨床経験5年以上の者で実地指導者経験者
  • 2.実習指導者講習会、看護教員養成講習会、認定看護管理者ファーストレベルのいずれかを修了している者が望ましい。
  • 1.新人看護職員集合教育と部署内教育の連動の促進
  • 2.新人看護職員集合教育の補佐
  • 3.部署内教育の実施・評価
  • 4.基本技術の到達目標の評価
  • 5.実地指導者、新人看護職員への指導
  • 6.研修責任者、所属長への相談・連携
  • 7.ローテーション研修の実施と評価
実地指導者
  • 1.臨床経験2年以上で知識・技術の指導のみならず、情緒的に安定した指導ができる者が望ましい。事前に実地指導者を対象とする教育研修(施設内研修でも可)を受講していること。
  • 1.部署内の一人の新卒看護職員を担当
  • 2.新人看護職員のロールモデル・相談役
  • 3.評価のための情報提供
  • 4.教育担当者、所属長への相談・連携