ワークライフバランス

キャリアアップ

専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師資格取得後の活動として「認定看護師研究会」があります。
定期的に情報交換、研修会の企画・運営を行っています。
また、AMGコンサルテーション規定集「DREAM」がグループ内全施設に配布されており、専門・認定看護師が直接施設に訪問して教育・指導を行っています。

専門・認定看護師を目指す方へ

スペシャリストを目指す方には次のサポートをしています。

奨学金制度

(1)専門看護師 奨学金
上限240万円の奨学金を受け、大学院に通学しながら病院でアルバイトもできます。
(2)認定看護師 給与支給
認定看護師養成機関に通学中も、給与が支給されます。
(AMG勤続1年以上の方が対象です。勤続3年以上で10割支給します)

AMG認定看護師一覧

各分野のリンクをクリックすると詳細をご覧いただけます。

分野 施設名 30.7月末現在 30.7月合格者 合計




救急看護PDF 上尾中央総合病院 2名   2名
皮膚・排泄ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   7名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
柏厚生総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
上尾中央第二病院 1名  
蓮田一心会病院 1名  
集中ケアPDF 上尾中央総合病院 5名   6名
柏厚生総合病院 1名  
緩和ケアPDF 上尾中央総合病院 1名   21名
八潮中央総合病院 1名  
吉川中央総合病院 3名  
白岡中央総合病院 2名  
柏厚生総合病院 2名  
船橋総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 2名 1名
金沢文庫病院 2名  
伊奈病院 2名  
上尾中央第二病院 2名  
笛吹中央病院 1名  
訪問看護ステーション和音 1名  
がん化学療法看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
浅草病院 1名  
白岡中央総合病院 0名 1名
吉川中央総合病院 0名 1名
がん性疼痛看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
津田沼中央総合病院 1名  
訪問看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
吉川中央総合病院 1名  
白岡中央総合病院 0名 1名
感染管理PDF 上尾中央総合病院 2名   5名
船橋総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
笛吹中央病院 1名  
糖尿病看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
白岡中央総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
三郷中央総合病院 1名  
手術看護PDF 越谷誠和病院 1名   2名
三郷中央総合病院 0名 1名
摂食・嚥下障害看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
小児救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
認知症看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
八潮中央総合病院 1名  
柏厚生総合病院 1名  
杉並リハビリテーション病院 1名  
脳卒中リハビリテーション看護PDF 三郷中央総合病院 2名   2名
慢性心不全看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
慢性呼吸器疾患看護 越谷誠和病院 1名   1名
透析看護 笛吹中央病院 0名 1名 1名
認定看護師 合計 62名 6名 68名
認定看護管理者 合計 17名 10名 27名

認定看護分野の紹介

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

2019年7月紹介

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師  がんとは、細胞の遺伝子が傷ついたことによりできる異常な細胞が無秩序に増殖して塊となったものである。
 がんは、1981年から死因の第一位を占め、2017年は37万人もの人ががんで亡くなっている現状である。
 このように、年々増加するがん患者やその家族に対して私たち医療者は何ができるのか。
 がん対策基本法は、2006年に定められ2007年から施行された。
当初はがんの克服を目指し、治療の均てん化、また研究の普及、発展などが中心であったが、最近では「治す医療から支える医療」へのシフトチェンジがなされ始めている。
 病いを抱えて生きていることを支えること、このことが今のがん医療において、医療者は常に大切にしなくてはいけないと感じている。
 どんな病気であってもそれを体験して意味付けるのはその方の心である。その様な方々に向き合っていくには、個別性を重んじるナラティブな視点でその方を捉え、一人一人の傍らにじっと寄り添い病を抱えながらいきていくその方の物語をじっくり聞き続けようとする姿勢が大切であり意識している事である。淀川キリスト教病院ホスピスであった恒藤先生は、援助者に求められる能力は患者の苦痛を傾聴できる忍耐、共感する感受性、かかわりきろうとする意志、しっかりとした人生観や死生観、患者の価値観を尊重し配慮する謙虚さと包容力、患者がどんな状態になっても慰めと希望を提供できる能力、と語られている。
これを実践することは正直難しいが常に念頭に置き、患者やご家族と向き合っていきたいと思う。
 ”死”に接する機会がどうしても多い自分の分野ではあるが、その死をその様に意味づけていくかが自分の課題でもある。
 心理学者であるエリクソンの言葉を紹介したい。「自らの人生を受け入れ、自分の生涯を意味あるものとしてまとめることができた者は”自我の統合性”を獲得し、受け入れられない者は人生をやり直すには時間がないという気持ちが”絶望”を生む。ある者は死に直面して、それが回避できないことを知り、絶望する。また、自分の一生を振り返り、何の意味も見いだせない、無価値だと嫌悪し、希望を失い絶望する。しかし、絶望にさらされながらも生き抜くことに価値を見出し、自分の一生をまとめ、その意義を認めて死に受け入れていく統合性を獲得できた時”英知”という徳が見につく」である。人は葛藤しながら自分自身の人生を最後まで歩む。その過程にしっかりと自分自身の精神力を持って寄り添いたいと考える。

八潮中央総合病院  高橋 千春
 

・摂食・嚥下障害看護護師

摂食・嚥下障害看護護師
https://www.healthynetwork.co.jp/images/cms/news/学会分類2013と他分類の対応.pdf より引用

【嚥下調整食学会分類2013を知っていますか?】
 嚥下調整食学会分類2013(以後「学会分類2013」)とは、日本摂食嚥下リハビリテーション学会により、医療および福祉関係者が共通して使用できる嚥下調整食の基準・名称の統一として発表されました。
 しかし、現在もなお、病院・施設ごとに嚥下食の名称や段階が異なったり混在しており、在宅や転院先などでどのような形態の食事を提供したらよいか、迷う場面が少なくありません。
 また、前にいた施設と同じ名称の食事だからと提供した食事が実は段階の違うものだったということもあります。
 このように、以前食べていた食事内容や形態が正確に引き継ぐことができないと、患者さんの不利益につながることがあります。
 そこで最近は、学会分類2013に則り、自施設の食事形態を学会分類2013と他分類の対応.pdfより引用分類し、表を作成している病院・施設が増えてきました。
 また、地域ごとに各病院・施設の表を合体させて、ひとつの表や冊子にしているところもあります。それによって、現在の食事形態が転院先でも引き継がれるようになり、今までの混乱や患者さんの不利益が減るように、各病院・施設で努力されています。
 サマリーで食事形態について伝えているのに、肺炎を繰り返し、たびたび入院してしまう患者さんの背景にはそんなこともあるかもしれません。
 ちなみに、学会分類2013には「食事」と「とろみ」の2つがあります。
 「とろみ」は薄いとろみ、中間のとろみ、濃いとろみの3つに分類されます。飲み物も、その患者さんに合った濃度を、いつも同じ濃度で提供する必要があります。また、最近のとろみ調整食品はかなり改良され、元々の味にあまり影響しないものも増えてきました。しかし、風味や香りが多少変化することや、濃すぎるとろみは逆に飲み込みにくいため、使用量は必要最低限であることが望まれます。
 いかがでしたでしょうか?もしまだ、皆さんのお勤めの病院・施設で学会分類2013に則った食事形態の分類表がなかったら、作成してみてはいかがでしょうか?いつでもお手伝いいたします!

彩の国東大宮メデイカルセンター  岩河 優子
 

認定看護師の紹介・バックナンバー

 

AMG認定看護師コンサルテーションの紹介

コンサルテーションの紹介