ワークライフバランス

キャリアアップ

専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師資格取得後の活動として「認定看護師研究会」があります。
定期的に情報交換、研修会の企画・運営を行っています。
また、AMGコンサルテーション規定集「DREAM」がグループ内全施設に配布されており、専門・認定看護師が直接施設に訪問して教育・指導を行っています。

専門・認定看護師を目指す方へ

スペシャリストを目指す方には次のサポートをしています。

奨学金制度

(1)専門看護師 奨学金
上限240万円の奨学金を受け、大学院に通学しながら病院でアルバイトもできます。
(2)認定看護師 給与支給
認定看護師養成機関に通学中も、給与が支給されます。
(AMG勤続1年以上の方が対象です。勤続3年以上で10割支給します)

AMG認定看護師一覧

各分野のリンクをクリックすると詳細をご覧いただけます。

分野 施設名 H28.7月末現在 合計




救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名 1名
皮膚・排泄ケアPDF 上尾中央総合病院 2名 6名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名
柏厚生総合病院 1名
三郷中央総合病院 1名
上尾甦生病院 1名
集中ケアPDF 上尾中央総合病院 4名 6名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名
金沢文庫病院 1名
緩和ケアPDF 上尾中央総合病院 3名 21名
八潮中央総合病院 1名
吉川中央総合病院 3名
白岡中央総合病院 2名
船橋総合病院 1名
彩の国東大宮メディカルセンター 3名
金沢文庫病院 1名
伊奈病院 2名
上尾甦生病院 2名
笛吹中央病院 1名
がん化学療法看護PDF 上尾中央総合病院 1名 2名
浅草病院 1名
がん性疼痛看護PDF 上尾中央総合病院 1名 3名
津田沼中央総合病院 1名
浅草病院 1名
訪問看護PDF 上尾中央総合病院 1名 2名
吉川中央総合病院 1名
感染管理PDF 上尾中央総合病院 2名 6名
船橋総合病院 1名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名
三郷中央総合病院 1名
笛吹中央病院 1名
糖尿病看護PDF 上尾中央総合病院 1名 3名
白岡中央総合病院 1名
三郷中央総合病院 1名
乳がん看護PDF 上尾中央総合病院 1名 1名
摂食・嚥下障害看護PDF 上尾中央総合病院 1名 2名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名
認知症看護PDF 柏厚生総合病院 1名 3名
杉並リハビリテーション病院 1名
金沢文庫病院 1名
脳卒中リハビリテーション看護PDF 三郷中央総合病院 2名 2名
慢性心不全看護PDF 上尾中央総合病院 2名 2名
小児救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名 1名
認定看護師 合計 61名 61名

認定看護分野の紹介

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

2017年4月紹介

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 がんと診断された患者さんは身体的・精神的苦痛だけでなく、治療のために社会的役割の変化が生じたり、「なぜ自分ががんになってしまったんだろう」「死にたくない、死ぬのは怖い」といった生きることの根底を揺るがすような心のつらさを体験します。
緩和ケアは終末期の患者さんだけのためのケアではありません。がんと診断された患者さんが抱えるあらゆる苦痛に対し早期から介入することでQOLを高め、家族の負担を軽減し、生存期間の延長にも寄与する可能性があるということが多くの研究により示されています。
当院の緩和ケア病棟は2015年4月にオープンし、緩和ケア外来に通院している患者さんをはじめ、都内のがん専門病院や近隣病院からの紹介で入・転院を受け入れています。
スタッフは皆、勉強熱心で、患者さんやご家族が穏やかに過ごせるよう日々尽力しています。
そのため私は認定看護師として、症状緩和のためのケアの指導や、ロールモデルとしての役割の他に、スタッフそれぞれに対し、その人の良さやできているケアを伝え、自己肯定感を持ちながら緩和ケアを続けていけるよう、陰で支える役割も担っています。これからもスタッフ全員で力を合わせ、患者さんやご家族が「ここに来て良かった」と感じてもらえる病棟づくりを目指していきたいと考えています。
また今後の展望として、緩和ケア外来に通院している患者さんだけでなく、がん治療を行っている患者さんやそのご家族が気軽に相談できるような窓口を、院内または地域の中に開設し、がんにまつわる悩みや苦しみを一緒に考え、少しでもなくすることができるよう、努めていきたいと考えています。

吉川中央総合病院   須貝 淑子
 

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 私は外科系の混合病棟に勤務する中で、多くのがんを患う患者様とそのご家族に出会いました。がんにともなう様々な身体的なつらさを抱え、「がんだから仕方ない」「早く逝きたい」「痛い」「つらい」と話しをしながら、日に日に表情が乏しくなり、涙を流す患者様を前に、看護師としての無力感や戸惑いを感じていました。自分が行っている看護が最善なのか、目の前の患者様が最期のときまで自分らしく過ごせる看護とはどのような看護なのかを学びたくなり緩和ケア認定看護師を目指しました。
2016年に緩和ケア認定看護師の資格を取得し、入院患者様だけではなく、退院後の外来通院患者様への支援や施設に退院された方への支援も継続して行っています。がんの告知や余命の話、不安や死への恐怖で心がつらいときなど、どんなときも最期のときまで患者様やご家族に寄り添い、支えることのできる支援を目指しています。患者様やご家族が、がんになることでいろいろなことを諦めて生きるのではなく、最期のときまで希望を持ちながら生きることができるように他職種と協働し支援していきたいと思います。患者様が大切と考える価値観や意思、思いを大切に日々努力していきます。

白岡中央総合病院   丸山 奈々
 

・認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師 私は回復期リハビリテーション病棟で勤務しています。生活を支える、構築するステージですが、認知症の患者さまがなかなか落ち着かず、生活の構築が難しい現状であることや、悩んでいるスタッフを見て、患者さまやスタッフのために何か力になりたいと思い、2016年に認知症看護認定看護師の資格を取得しました。
自分一人がケアをしてもなかなか解決には至りません。看護師だけでなく、多職種でアプローチすることが必要です。そこで認知症サポートチームを作り、多職種で認知症ケアに目を向けていけるよう、活動を始めました。患者さまの行動にはどんな意味や背景・原因があるのか、どんな気持ちでいるのかを考え、どうすれば安心できるか、残存能力を活かして自ら安心できる方法はないか、多職種のさまざまな立場の意見や情報を共有してチームで考えるようにしています。発足したてで未熟ではありますが、チーム力の大きさや大切さを感じます。
認知症の患者さまも安心して過ごすことができ、生活の獲得や、QOLの向上ができるよう、今後も取り組んでまいります。

杉並リハビリテーション病院   藤田 和也
 

認定看護師の紹介・バックナンバー

 

AMG認定看護師コンサルテーションの紹介

コンサルテーションの紹介