ワークライフバランス

キャリアアップ

専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師資格取得後の活動として「認定看護師研究会」があります。
定期的に情報交換、研修会の企画・運営を行っています。
また、AMGコンサルテーション規定集「DREAM」がグループ内全施設に配布されており、専門・認定看護師が直接施設に訪問して教育・指導を行っています。

専門・認定看護師を目指す方へ

スペシャリストを目指す方には次のサポートをしています。

奨学金制度

(1)専門看護師 奨学金
上限240万円の奨学金を受け、大学院に通学しながら病院でアルバイトもできます。
(2)認定看護師 給与支給
認定看護師養成機関に通学中も、給与が支給されます。
(AMG勤続1年以上の方が対象です。勤続3年以上で10割支給します)

AMG認定看護師一覧

各分野のリンクをクリックすると詳細をご覧いただけます。

分野 施設名 29.7月末現在 29.7月合格者 合計




救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名 1名 2名
皮膚・排泄ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   7名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
柏厚生総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
上尾中央第二病院 1名  
蓮田一心会病院 0名 1名
集中ケアPDF 上尾中央総合病院 4名   4名
緩和ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   21名
八潮中央総合病院 1名  
吉川中央総合病院 3名  
白岡中央総合病院 2名  
柏厚生総合病院 2名  
船橋総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 2名  
金沢文庫病院 2名  
伊奈病院 2名  
上尾中央第二病院 2名  
笛吹中央病院 1名  
訪問看護ステーション和音 0名 1名
がん化学療法看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
柏厚生総合病院 1名  
浅草病院 1名  
がん性疼痛看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
津田沼中央総合病院 1名  
浅草病院 1名  
訪問看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
吉川中央総合病院 1名  
感染管理PDF 上尾中央総合病院 2名   5名
船橋総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
笛吹中央病院 1名  
糖尿病看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
白岡中央総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 0名 1名
三郷中央総合病院 1名  
手術看護PDF 越谷誠和病院 0名 1名 1名
乳がん看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
摂食・嚥下障害看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
小児救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
認知症看護PDF 上尾中央総合病院 0名 1名 4名
八潮中央総合病院 0名 1名
柏厚生総合病院 1名  
杉並リハビリテーション病院 1名  
脳卒中リハビリテーション看護PDF 三郷中央総合病院 2名   2名
慢性心不全看護PDF 上尾中央総合病院 2名   2名
認定看護師 合計 57名 7名 64名
認定看護管理者 合計 15名 2名 17名

認定看護分野の紹介

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

2017年11月紹介

・皮膚・排泄ケア認定看護分野の紹介

認知症看護認定看護師 今回は乾燥肌についてお話しします!
 10月に入り、肌寒い季節となってきました。これからの季節、気になるのは肌の乾燥です。冬場は肌が乾燥しやすく乾燥したままにしておくと、かゆみなどの不快な症状が発生しやすくなります。そんな肌トラブルを予防する為にどんなケアが有効か、今回はお話しさせて頂きたいと思います。
 冬場は夏場と比べて空気が乾燥します。また、エアコンなどで部屋を暖めることで、さらに空気は乾燥します。空気の乾燥は肌の乾燥にもつながるために、冬場は乾燥肌の人が多くなります。
 そこで大事なのは、保湿剤を塗って皮膚の乾燥を予防することです。保湿剤は皮膚から水分が逃げない様にふたをする役割を持っています。毎日の入浴後に保湿剤を塗布し、冬の乾燥肌を防ぎましょう。

 <軟膏の塗り方>
 なりやすいので手のひらで温めてやわらかくしてから塗布します。次に保湿剤を皮膚に点在させます。指先ではなく手の平を使ってやさしく横にできるだけ広い範囲に塗ります。身体のしわに沿って塗ると皮膚に広がりやすくなります。
 また、保湿剤を塗る前に化粧水等で皮膚を軽く湿らせておくと十分な湿潤効果が得られます。そのため、皮膚が水分を吸収している入浴後に塗るのが効果的です。入浴後5分以内に塗るようにして下さい。塗る量は人差し指の先端から1つ目の関節まで伸ばした量でおおよそ手の面積2枚分です。この量を目安に保湿剤を伸ばして塗布して下さい。
 こまめなケアが乾燥肌を防いでくれます。

 今年の冬は、保湿剤を塗布して乾燥肌知らずでいきましょう!!

上尾中央第二病院   鈴木 雅子
 

・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 これからやって来る冬は、脳卒中を発症しやすい季節とも言われています。
 今回は「一過性脳虚血発作(TIA)」についてお伝えしたいと思います。みなさんは、脳卒中の症状としてどのようなものが思い浮かびますか?
 1、片方の手足が動かない、しびれる(運動麻痺、感覚鈍麻)
 2、言葉が出ない、言葉が理解できない(言語障害)
 3、片目が見にくい、二重に見える(視力障害)
上記のような症状が思い浮かびませんか?
 このような症状が突然起こり、24時間以内、多くは数分〜数十分以内に消失するものを「一過性脳虚血発作(TIA)」と言います。
 「症状が消失するなら心配なんていらない。」と思うかもしれませんが、安心できないのです。なぜなら脳梗塞の前触れになるからです。年齢であったり、血圧の値であったり、症状の持続した時間などでも、脳梗塞を発症するリスクは変わってきますが、症状が消えたからとそのままにせず、必ず医療機関を受診するようにしてください。

三郷中央総合病院   碓井 淳子
 
 

・集中ケア

集中ケア  今回は、私たち集中ケアの認定看護師が普段どんなことを行っているか、その中から1つお話したいと思います。
  集中ケア認定看護師は,生命の危機状態にある患者の病態変化の予測、重症化の回避、早期回復への支援を患者・家族へ倫理的な配慮を行いながら自らが役割モデルとなって実践・指導する看護師です。集中治療室だけでなく、一般病棟などでも活躍する機会が増えてきています。
 当院の集中治療室では、医師と相談し、集中ケアの認定看護師が人工呼吸器の離脱や鎮静薬の調整を行ったりしています。
これまでの人工呼吸器装着中の多くの患者さんは、過度に鎮静薬を使用し、寝かされていましたが現在はその考えは変化しています。集中治療室に入院する患者さんはすべてにおいて鎮痛を行うことが必要とされており、早期に鎮静薬を中止し、人工呼吸器から離脱することで、集中治療室の在室期間が短縮され、さらには入院期間も短縮されるといわれています。そのため、認定看護師も早期に関わり、呼吸器離脱することを目指しています。早期に人工呼吸器が離脱できると、人工呼吸器関連肺炎などの合併症も減少すると言われています。
 人工呼吸器使用中に鎮静剤を使用しないことは、怖いことと思われるかもしれませんが、鎮痛が確実に行われていると、鎮静薬はほとんどと言っていいほど使用しなくても問題ありません。むしろ、鎮静薬は意識がなくなっているだけで、眠れているわけではないため、中途半端な鎮静薬の使用はせん妄を発症する恐れもあります。人工呼吸器を装着している患者さんには、確実な鎮痛を行い夜間は睡眠導入剤などを使用し、しっかり眠ってもらうことが大切です。
 集中治療室に入院するとこれまでの生活とまったく環境が変わってしまいますが、少しでも入院前の生活と変わらないように援助していけるよう心がけています。

上尾中央総合病院   松元 亜澄
 

認定看護師の紹介・バックナンバー

 

AMG認定看護師コンサルテーションの紹介

コンサルテーションの紹介