ワークライフバランス

キャリアアップ

専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師資格取得後の活動として「認定看護師研究会」があります。
定期的に情報交換、研修会の企画・運営を行っています。
また、AMGコンサルテーション規定集「DREAM」がグループ内全施設に配布されており、専門・認定看護師が直接施設に訪問して教育・指導を行っています。

専門・認定看護師を目指す方へ

スペシャリストを目指す方には次のサポートをしています。

奨学金制度

(1)専門看護師 奨学金
上限240万円の奨学金を受け、大学院に通学しながら病院でアルバイトもできます。
(2)認定看護師 給与支給
認定看護師養成機関に通学中も、給与が支給されます。
(AMG勤続1年以上の方が対象です。勤続3年以上で10割支給します)

AMG認定看護師一覧

各分野のリンクをクリックすると詳細をご覧いただけます。

分野 施設名 29.7月末現在 29.7月合格者 合計




救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名 1名 2名
皮膚・排泄ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   7名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
柏厚生総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
上尾中央第二病院 1名  
蓮田一心会病院 0名 1名
集中ケアPDF 上尾中央総合病院 4名   4名
緩和ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   21名
八潮中央総合病院 1名  
吉川中央総合病院 3名  
白岡中央総合病院 2名  
柏厚生総合病院 2名  
船橋総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 2名  
金沢文庫病院 2名  
伊奈病院 2名  
上尾中央第二病院 2名  
笛吹中央病院 1名  
訪問看護ステーション和音 0名 1名
がん化学療法看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
柏厚生総合病院 1名  
浅草病院 1名  
がん性疼痛看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
津田沼中央総合病院 1名  
浅草病院 1名  
訪問看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
吉川中央総合病院 1名  
感染管理PDF 上尾中央総合病院 2名   5名
船橋総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
笛吹中央病院 1名  
糖尿病看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
白岡中央総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 0名 1名
三郷中央総合病院 1名  
手術看護PDF 越谷誠和病院 0名 1名 1名
乳がん看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
摂食・嚥下障害看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
小児救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
認知症看護PDF 上尾中央総合病院 0名 1名 4名
八潮中央総合病院 0名 1名
柏厚生総合病院 1名  
杉並リハビリテーション病院 1名  
脳卒中リハビリテーション看護PDF 三郷中央総合病院 2名   2名
慢性心不全看護PDF 上尾中央総合病院 2名   2名
認定看護師 合計 57名 7名 64名
認定看護管理者 合計 15名 2名 17名

認定看護分野の紹介

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

2017年12月紹介

・小児救急看護

小児救急看護 小児の死亡原因は、「不慮の事故」をはじめ、「先天性奇形、染色体異常」ならびに「呼吸器疾患・心疾患」があげられます。
 その中で、「呼吸器疾患や心疾患」は、自宅のみならず集団生活の中でも発生することがあります。そのため、初期対応を小児に対して周知、学習する機会を設ける必要性を感じます。
 2005年に非医療従事者もAEDが使用できるようになり、公共施設や学校への設置も増加傾向にある一方で、成人においても未だ、心停止の対応は不十分と考えます。
 実際に埼玉県内で起こった事例として、運動競技中に心停止に至り、死戦期呼吸を呈していた小児に対し、AEDや蘇生術が遅れたために尊い命が失われたという報告があります。
 そのため、心肺停止および蘇生術に対する認識を深めることを目的とし、一次救命処置の普及を行なうこととしました。
 現在、主に保育園や学童保育、小学校の教員向けに指導を行うほかに、小学生や中学生を対象とした、授業の一環として一次救命処置の講義も行っています。
 さいたま市では全小学校で一次救命処置の授業が行われており、私は、埼玉東部地区の小学校をメインに他施設の医師、地域の救命士、看護師、小児救急看護認定看護師と共に学校に赴き、保健の授業の中で普及活動を行っています。
 今の時点で、この活動によって得られたデータは不明瞭ですが、現在の普及活動が一定の小児の蘇生率を改善するものとなることを期待し、メンバーと共に活動範囲を埼玉県全域へと、拡大していきたいと思っています。
 そのためには、現在の人員ではマンパワー不足な状況もあるため、今以上に活動のネットワークを広げるとともに、この活動を次世代へ引き継ぎ育成していくことが今後の課題と考えています。

上尾中央総合病院   鈴木 美保
 

・救急看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 私は上尾中央総合病院の救急初療看護科に所属し、救急車で搬送された患者、自力受診した患者の初療に携わっています。当院は救急搬送約650件/月、自力受診患者約1000件/月であり、非常に多くの患者が救急室を受診しています。救急室は一時的な通過点であり、初療が終わると患者の状態により入院、もしくは帰宅となります。めまぐるしく患者と携わる中で、看護が提供できているのか?救急領域での看護とはなにか?という思いを抱き、2017年に救急看護認定看護師を取得しました。取得後は自施設の院内トリアージ体制の改善やコードブルー症例の振り返りを行っています。また、院内で急変対応コースを開催し、急変対応の強化を図っています。
 皆さんは”急変の6~8時間前に前兆がある”と言われているのをご存じですか?そのため、急変の前兆に気付き、対応することができれば、急変は予防できると言われています。そこで急変対応コースでは、急変時の対応方法だけでなく、急変の前兆に気付けるよう講義を行っています。また、急変時の観察方法や医師への報告について行動レベルで習得できるようシミュレーションを取り入れています。救急状況は場所を問わず発生するため、あらゆる看護場面で救急看護が実践され、すべての看護職が実施しなければならない看護といわれています。自病院だけでなく、AMG全体の急変対応能力が向上するよう努めていきたいと思います。

上尾中央総合病院   大戸 沙希
 

認定看護師の紹介・バックナンバー

 

AMG認定看護師コンサルテーションの紹介

コンサルテーションの紹介