グループメリット

認定看護師の活動

認定看護師の紹介(※毎月リレー形式で紹介してまいります)

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

最新の紹介記事へ戻る

2017年8月紹介

・慢性心不全看護

慢性心不全看護 今回は心臓リハビリテーションについて紹介していきます。
 リハビリテーションというと運動療法をイメージされる方が多いと思います。また、患者さん自身も治療が終わって退院されると「特に症状もないし普通に動けるし大丈夫だよ」という方も少なくありません。確かに、昔の心臓リハビリテーションは運動療法が主体で取り組まれていました。しかし、ここ数年で心臓リハビリテーションは「運動療法と生活指導を軸にした心疾患管理(自己管理含む)」が重要といわれるようになりました。何故なら、心臓リハビリテーションの対象となる疾患は、生活習慣が深く関わっていることが多くその是正がなされなければ再発したり、増悪したりしてしまうということが分かってきたからです。患者さんを中心に医師や看護師、薬剤師や管理栄養士、検査技師などの他職種も理学療法士と共に連携を図りつつチームとして介入することで疾患管理(自己管理含む)の確立を目指す施設が増えてきています。
 当院でも心臓リハビリテーション自体はかなり前から取り組まれていましたが、他職種でチームとして介入するようになったのは今年度からとなります。私が関わっているのは外来心臓リハビリテーションに通院されている患者さんとなりますが、理学療法士の方と共に安全にリハビリが実施できるようにモニター監視したり症状確認したりしています。また、初回時に看護面談を実施し生活習慣の是正が必要かどうかの確認をしたうえで是正が必要な事に関してリハビリ時に声掛けしたりするようにしています。 まだまだ他職種介入としての取り組みは始まったばかりなので課題もありますが、「患者さんが安全にリハビリを受けられること。また、患者さん自身が病気のことを理解したうえで自己管理していくことができるようになること」を目標に運用強化を図っていきたいと思います。

参考までに心臓リハビリテーションの対象となる疾患を下記に載せておきます。
疾患名:急性心筋梗塞・狭心症、開心術後、大血管疾患(急性発症した大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後)、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患
*健康保険上、心臓リハビリテーションによって保険償還が得られる期間は心臓リハビリテーション起算日(発症、手術、もしくは急性増悪から7日目または治療開始日のいずれか早いもの)から150日間となります。

上尾中央総合病院   菅原 美奈子

2017年7月紹介

・がん化学療法看護認定看護師

  今回は、抗がん剤による血管外漏出について紹介します。

血管外漏出とは?
投与中の抗がん剤が血管外へ浸潤あるいは血管外へ漏れ出て、静脈内投与溶液が血管から周囲の軟部組織にしみ出ることです。針先が正しく血管に刺入されていない、血管が脆くなっている、体動により針が抜ける、などの理由で起こることがあります。

血管外漏出が起こると、漏出直後から刺入部位周辺の皮膚に発赤・腫れ・痛みなどの症状が現れ、数日かけて症状が増悪していきます。その後、水泡→潰瘍→壊死形成へと移行していき、場合によっては外科手術が必要になることもあります。

・血管外漏出を起こさないようにするためには?がん化学療法看護認定看護師
○確実な血管確保と留置
適切な穿刺部位を選び、血管を確保し血液の逆流を確認しし、チューブでループを作り透明ドレッシング材で固定します。
○投与開始前の患者指導
投与前に血管外漏出の可能性を説明し、穿刺部位の違和感・疼痛・腫脹・発赤などが出現したらすぐ報告するよう指導します。
○投与中の定期的な観察
投与開始後は定期的に異常がないか穿刺部位の観察を行い早期発見に努めます。
○投与終了時の対応
投与終了時には、生理食塩液でフラッシュしてから抜針し、その後5分間は圧迫止血します。

・血管外漏出を起こさないようにするためには?

血管外漏出が発生した場合は、すぐに点滴を中止し医師に報告します。 留置針を抜去する前に血液を吸引し、できる限り残存する薬剤を除去します。 薬剤によってはステロイドと局所麻酔薬の局所注射を行います。漏出範囲にステロイド軟膏外用薬を1日2回塗布します。
抗がん剤治療を行う方法として近年CVポートやPICCを使用するケースが多くなってきています。しかし、外来化学療法室などで は末梢血管を使用した静脈内投与も多く、抗がん剤治療に携わる看護師にとって抗がん剤の血管外漏出は身近な問題です。
血管外漏出を未然に防ぐのはもちろん、細やかな観察のもと早期発見・早期改善できるよう関わっていきたいです。

 
柏厚生総合病院   門脇 梨祥子
 

・緩和ケア認定看護師

認知症看護認定看護師 緩和ケアはチーム医療です。
患者様の生活、生き方に関わる様々な側面からその人やご家族を捉えながら支援をするために、多くの職種が関わっています。
今回はあらゆる職種の中でも欠かすことができないボランティアさんを紹介します。
当院では、入院患者様やご家族に向けて、季節ごとのイベントや 茶話会などを定期的に行っていますが、そこで活躍してくださるボランティアの方がたくさんいらっしゃいます。
 ティーサービスでお茶を入れてくださる方、様々な傾聴スキルを身につけて患者様のお話しに耳を傾けてくださる方、音楽を演奏して下さる方などがおられます。
その中でも、日ごろはお坊さんや神主さん、牧師さんなどされている方で、患者様のお話しを聴いてくださる臨床宗教師の方々との数珠づくりでは、自分や誰かのために創作するということを通じて、自分への効力感を高められるだけではなく、造った数珠にそれぞれの思いや希望を一緒に込めていただいています。

こうして、いろいろな方との力が合わさり、緩和ケアは成り立っています。

上尾中央総合病院   竹波 純子

2017年6月紹介

・摂食・嚥下障害看護

  摂食・嚥下障害看護摂食嚥下とは簡単に言うと「食べること」「飲み込むこと」です。食べ物を口に運んで食べる、飲み込むという一連の動作の中で、どこかがうまくいかないことを摂食嚥下障害といいます。私たち摂食・嚥下障害看護認定看護師は、食事を食べる上で悩みを持つ方や、摂食嚥下障害を予防したい方のために活動しています。対象者は赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代の方々です。加齢や病気をきっかけになることが多くその原因によって対処法も多岐にわたります。私は現在、泌尿器科と消化器内科の混合病棟に所属をしています。
活動の内容を少し紹介させていただきます。病棟の看護師や看護補助者と、口腔ケア方法、食事介助のときのコツ、食事形態や食事提供量、栄養補助食品の選択、経管栄養剤の選択や量についてなどの相談をしながら病棟患者さんの看護を行っています。また、医師、栄養士、ソーシャルワーカー、リハビリテーションスタッフ、栄養サポートチームなど、他の職種とも相談、情報交換、ディスカッションをして、それぞれの患者さんに合った看護を探っています。まだ、認定看護師としては駆け出しなので、主に病棟内での活動が多いのが現状です。徐々に他病棟からの相談や 外来患者さん、今後摂食嚥下障害が心配な方々への予防活動へと活動の幅を広げていけたら…と考えています。
また、入院患者さんの中には、普段は近隣の介護施設に入所されている方も多数いらっしゃいます。そして、退院後も 再び体調を崩し、再入院するケースもよくみられます。今後は、食事が原因の再入院の減少を目指し、食事形態や介助 方法を、きめ細やかに伝達し合える環境づくりにも、努めていきたいと思います。

彩の国東大宮メディカルセンター  岩河 優子
 

2017年5月紹介

・皮膚・排泄ケア認定看護師

・医療関連機器圧迫創傷 (MDRPU)を知っていますか?

日本褥瘡学会 MDRPU啓蒙ポスター
日本褥瘡学会 MDRPU啓蒙ポスター
http://www.jspu.org/pdf/mdrpu.pdf
 MDRPU ベストプラクティス医療関連機器圧迫創傷の予防と管理
MDRPU ベストプラクティス
医療関連機器圧迫創傷の予防と管理
http://www.jspu.org/jpn/info/pdf/bestpractice.pdf

*MDRPUとは
医療関連機器による圧迫で生じる皮膚・皮下組織の損傷です。厳密には従来の褥瘡(自重関連褥瘡)とは区別されますが、ともに圧迫による創傷であり、広い意味での褥瘡に含まれます

*主な発生要因機器
  ・非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)マスク
  ・酸素療法機器(酸素マスク、経鼻酸素カニューレなど)
  ・深部静脈血栓症予防具(弾性ストッキング、間歇的空気圧迫装置)
  ・気管内挿管チューブ、気管切開カニューレとその固定具
  ・チューブ類(尿道留置・血管留置カテーテル、経鼻胃チューブなど)
  ・ギプス、シーネ、抑制帯、手術体位固定具    など・・・

*MDRPUの特徴
 機器を長時間装着する人や、皮膚の乾燥や浮腫等により皮膚が脆弱な人に高頻度に発生します。しかし、ADLや栄養状態に問題のない人にも発生することがわかっています。
 創傷を形成したからといって安易に機器の使用を中止することはできず、治療に難渋するケースが多いことが特徴です。そのため、いかに発生を予防するか、発生した創傷をどのようにケアするかに注目が集まっています。

*どう予防する?
 乾燥や浮腫、皮下組織の厚さなどを観察し、装着部位が褥瘡が発生しやすい状況か、アセスメントを行います。褥瘡発生危険因子の有無や下肢血行動態の評価も重要です。使用する機器のサイズが患者さまに対して大きすぎる・小さすぎる場合には過度な圧迫やゆるみを生じます。正しいサイズの機器を選択しましょう。また、機器を正しい方法で使用することも重要です。
 使用中は最低1日2回、機器の固定位置の変更もしくは持ち上げによる圧迫の解除を行い、合わせて皮膚の観察を行いましょう。

上尾中央総合病院    蛭田 祐佳
 

・認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師 私たち認知症看護認定看護師は、認知症についての知識の普及とケア実践力を高めるためのコンサルテーションへの対応を主として活動しています。
 今回は、認知症の人の症状と対応についてお話します。
 認知症の人の症状は、大きく二つに分けられます。1つは中核症状です。脳の委縮や神経の伝達が障害されることで起こります。朝食を食べたことを忘れたり、季節にあった洋服を着ることができなかったり、洗濯をしながらご飯の準備ができなくなります。これは、脳の細胞が壊れて起こるため、治すことはできません。
 もう一つは、行動・心理症状です。認知症の人がご飯を食べたのを忘れ、ご飯を食べていないと話すと、誰かに「さっき、食べたばかりだよ」と言われる。実際に食べていないのに、食べたと言われたら、誰でも苛立ちを覚え、荒いことばを大きな声で言ってしまいます。これが暴言といわれる、行動・心理症状です。
 ここで、関わる人が食べたことを忘れていると理解し、温かいお茶と茶菓子をだしたら、本人は少しの量で満足するでしょう。そして「おいしかった、ありがとう」と話してくれるかもしれません。
 このように、中核症状は治すことはできませんが、行動・心理症状 は、関わる人の対応で、起こさないようにすることもできます。
認知症サポーター養成講座での、認知症の人への対応ガイドラインを示します。
《基本姿勢》1.驚かせない 2.急がせない 3.自尊心を傷つけない
《具体的な対応の7つのポイント》
  ☆ まずは、見守る        ☆ 余裕をもって対応する
  ☆ 声をかけるときは一人で    ☆ 後ろから声をかけない
  ☆ 相手の目線をあわせてやさしい口調で
  ☆ 穏やかに、はっきりした話し方で
  ☆ 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

 当院では、週に1回、認知症看護認定看護師・精神保健福祉士・作業療法士・薬剤師で病棟を回り、病棟スタッフともに、認知症の人の思いと、どのような対応が良いのかを考えています。そして、症例によって、医師と一緒に話し合い、行動・心理症状の軽減に努めています。

柏厚生総合病院   廣瀬 幸子

2017年4月紹介

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 がんと診断された患者さんは身体的・精神的苦痛だけでなく、治療のために社会的役割の変化が生じたり、「なぜ自分ががんになってしまったんだろう」「死にたくない、死ぬのは怖い」といった生きることの根底を揺るがすような心のつらさを体験します。
緩和ケアは終末期の患者さんだけのためのケアではありません。がんと診断された患者さんが抱えるあらゆる苦痛に対し早期から介入することでQOLを高め、家族の負担を軽減し、生存期間の延長にも寄与する可能性があるということが多くの研究により示されています。
当院の緩和ケア病棟は2015年4月にオープンし、緩和ケア外来に通院している患者さんをはじめ、都内のがん専門病院や近隣病院からの紹介で入・転院を受け入れています。
スタッフは皆、勉強熱心で、患者さんやご家族が穏やかに過ごせるよう日々尽力しています。
そのため私は認定看護師として、症状緩和のためのケアの指導や、ロールモデルとしての役割の他に、スタッフそれぞれに対し、その人の良さやできているケアを伝え、自己肯定感を持ちながら緩和ケアを続けていけるよう、陰で支える役割も担っています。これからもスタッフ全員で力を合わせ、患者さんやご家族が「ここに来て良かった」と感じてもらえる病棟づくりを目指していきたいと考えています。
また今後の展望として、緩和ケア外来に通院している患者さんだけでなく、がん治療を行っている患者さんやそのご家族が気軽に相談できるような窓口を、院内または地域の中に開設し、がんにまつわる悩みや苦しみを一緒に考え、少しでもなくすることができるよう、努めていきたいと考えています。

吉川中央総合病院   須貝 淑子
 

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 私は外科系の混合病棟に勤務する中で、多くのがんを患う患者様とそのご家族に出会いました。がんにともなう様々な身体的なつらさを抱え、「がんだから仕方ない」「早く逝きたい」「痛い」「つらい」と話しをしながら、日に日に表情が乏しくなり、涙を流す患者様を前に、看護師としての無力感や戸惑いを感じていました。自分が行っている看護が最善なのか、目の前の患者様が最期のときまで自分らしく過ごせる看護とはどのような看護なのかを学びたくなり緩和ケア認定看護師を目指しました。
2016年に緩和ケア認定看護師の資格を取得し、入院患者様だけではなく、退院後の外来通院患者様への支援や施設に退院された方への支援も継続して行っています。がんの告知や余命の話、不安や死への恐怖で心がつらいときなど、どんなときも最期のときまで患者様やご家族に寄り添い、支えることのできる支援を目指しています。患者様やご家族が、がんになることでいろいろなことを諦めて生きるのではなく、最期のときまで希望を持ちながら生きることができるように他職種と協働し支援していきたいと思います。患者様が大切と考える価値観や意思、思いを大切に日々努力していきます。

白岡中央総合病院   丸山 奈々
 

・認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師 私は回復期リハビリテーション病棟で勤務しています。生活を支える、構築するステージですが、認知症の患者さまがなかなか落ち着かず、生活の構築が難しい現状であることや、悩んでいるスタッフを見て、患者さまやスタッフのために何か力になりたいと思い、2016年に認知症看護認定看護師の資格を取得しました。
自分一人がケアをしてもなかなか解決には至りません。看護師だけでなく、多職種でアプローチすることが必要です。そこで認知症サポートチームを作り、多職種で認知症ケアに目を向けていけるよう、活動を始めました。患者さまの行動にはどんな意味や背景・原因があるのか、どんな気持ちでいるのかを考え、どうすれば安心できるか、残存能力を活かして自ら安心できる方法はないか、多職種のさまざまな立場の意見や情報を共有してチームで考えるようにしています。発足したてで未熟ではありますが、チーム力の大きさや大切さを感じます。
認知症の患者さまも安心して過ごすことができ、生活の獲得や、QOLの向上ができるよう、今後も取り組んでまいります。

杉並リハビリテーション病院   藤田 和也

2017年3月紹介

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師  新人の頃から、がん患者さんの多い病棟で働き、知識の少ない中、様々な症状で辛い思いをしている患者さんと関わってきました。当初は症状の緩和がされることで私自身の中で「良かった」と思っていました。しかし、当時の担当医の「その人のQOLがどうであったかが大事なんだ。」との言葉がずっと心に残っています。
 緩和ケアとは、WHOの定義によると『生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に対してきちんとした評価を行い、それが障害とならないように予防したり、対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフを改善するアプローチである』と言われています。
 私は、残された時間を穏やかに過ごしたいという患者さんやご家族の願いを大切にしたいと思い、2016年緩和ケア認定看護師を取得し当院の緩和ケアチームで活動するようになりました。
 私が勤務する病棟は慢性期の障害者病棟です。在院日数が比較的長い病棟であり、緩和ケアを目的として入院している患者さんも増えています。病棟のスタッフは日々、「患者さんの苦痛症状に対してどうかかわって良いか」「このままのケアでよいのか」といった相談を受けます。スタッフと共にその人にとっての最善は何かを考えながらケアを行っていきたいと思っています。
 症状の緩和は大切ですが、更に患者さん・御家族が共に過ごす時間や、残された時間・生活に視点をおき、一般病院においても実践できる緩和ケアを模索しながら、緩和ケアチームの一員として頑張っていきたいと思います。

金沢文庫病院   今 方美

2017年2月紹介

・小児救急看護

小児救急看護 「小児救急看護」から連想されるものは、3次救急での救命看護のイメージが強いですが、1次、2次を含めた救急現場で子どもを安心して家庭で見ていく育児能力や対処能力が向上できるように指導や助言を行うなど、入院から退院後に至るまでの幅広い看護を実践することです。
近年、子どもとその家族を取り巻く環境が大きく変化している中、地域における小児救急医療体制の地盤の弱さなどを背景に、子どもと家族に関わる多くの社会問題が表面化してきました。
当院でも患児の家族の対処能力の低下や育児不安を抱えるケースも多く、昼夜を問わず問い合わせや受診が増え、相談件数は増加傾向にあります。
このような社会背景において、小児救急看護認定看護師は、家族の不安を軽減し、子どもの安全と健やかな成長発達のための家族支援や、他職種と連携を図り必要な社会資源の提供や環境調整をする役割を担います。
現在私は、ERと連携を図り、小児の救急車対応やスタッフの教育等行っています。また、JTASでの小児トリアージの導入に向けて準備を進めています。さらに、看護専門コースでの小児の急変対応や、看護学校、付属の保育園での講義を行っています。その他に地域にでての、一次救命処置の普及にも携わっています。
認定看護師としてはまだ経験が浅いですが、小児救急看護認定看護師として、外来や救急搬送された子どもの重症のサインを見逃さず、的確なトリアージと迅速な対応を行うなど専門的知識や技術を用いて実践していきたいと思っています。
また、子どもの最善の利益を第一に考え、家族が安心して適切なタイミングで受療行動や対処行動がとれるように支援していくことや、不適切な養育環境にある子どもやその家族に対して、家族が抱える問題点を把握し、養育環境を整えていけるように関わっていきたいと思っています。

上尾中央総合病院   鈴木 美保
 

・摂食・嚥下障害看護

摂食・嚥下障害看護 2016年に摂食・嚥下障害看護認定看護師を取得し、現在はNSTの専従として活動をしています。
NSTメンバーとしてのNSTラウンドや口腔ケアラウンドや、日頃の食事介助やケアへの疑問をきっかけに摂食・嚥下障害看護に興味を持ち、資格を取得しました。現在は、同じ職種の看護師だけでなく、共に働く仲間である、リハビリスタッフ、看護補助者、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどの皆さんにいつも色々と助けてもらいながら、仕事をしています。
当院での取り組みを紹介します。摂食嚥下障害患者さんへの食事介助に、最前線で関わる看護補助者に対し、月1回の勉強会を行っています。たとえば「嚥下障害のお食事」をテーマに、ミキサー食の試食、とろみ付きのお茶の試飲、とろみつきのお茶で薬にみたてたラムネを飲みこむ体験もしてもらいました。
どんなに美味しい食事を作っても、ミキサー食にすることで味気なく感じます。また、飲み物はとろみがつくことによって、香りや風味を感じにくくなってしまいます。このようなテーマの勉強会に引き続き「介助のコツ」「食事と姿勢」「補助栄養」などのテーマで勉強会を進めています。
また、入院患者さんの中には、普段は近隣の介護施設に入所されている方も多数いらっしゃいます。そして、当院っを退院し施設に戻っても、体調を崩し再入院するケースもよくみられます。近隣の施設と連携の際、食事内容・形態や介助方法のきめ細やかな情報伝達が行われ、ケアに活かすことができるように、「入院時と同じADLや食事形態で退院できる」ということが当たり前になるように、仲間と一緒に取り組んでいきたいと思います。

彩の国東大宮メディカルセンター 岩河 優子
 

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 がんなどの病気になった時、患者様もご家族様も痛みやその他の様々な問題、心のつらさ、生活に関する問題に直面されます。緩和ケア認定看護師は、患者様とご家族様が抱えておられる問題に共に向き合い、支え、苦しみを予防したり和らげたりする役割を担っています。
と、言われてイメージできるでしょうか。
『お腹が痛い…。でも、がんと言われたから痛いのは当たり前。治療が終わるまで我慢しなくちゃ』
と思われている患者様がいらっしゃるとします。
痛みは命の力を削ります。病気になった最初から痛みは取り除いていくことが大切です。緩和ケア認定看護師はその痛みがどんな痛みなのか、痛みによってどんな生活のしにくさがあるのかを理解して、痛みを和らげる最善の対応をしていきます。
『本人が家に帰りたがっている。でも、つらい症状があった時のことや身体の変化が心配で連れて帰ると言えない。』
‘がん’になっても安心して暮らせる社会を目指し、地域緩和ケアの整備がされてきています。地域で活動する緩和ケア認定看護師として、入院していた病院の医師、看護師、ソーシャルワーカーや、在宅の往診医、ケアマネージャー、介護職との連携が円滑に行えるようにし、つらい症状はもちろん、介護していて困った事や、生活上の問題などを相談しながら、患者様・ご家族様の歩まれている生き方を支えています。
【きみは大切な人。 きみがいてくれることが大切なんだ。 きみにとって大切に思う人がいるように…。
今 生きているって すごいこと。 今 生きている そのことが奇跡。 だから 今 痛いのをがまんしていたり苦しいことがあることを じっとがまんしないで ひとりでかかえないでね。
助けられたり助けたり…。 それがつながっているっていうこと。 つながりを感じたらいつも安心。それは安心のぬくもり】

~花すまいる「うさぎさんのちょっといい話  ぬくもりのたねをまくよ」より~

こすもす訪問看護ステーション ワーファ純子
 

・緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 看護師として初めて勤務に就いた病院が、がん患者様が多い病院でした。病棟はまだ緩和ケア病棟が一般的に広まっていない時代であり、これから手術をして治癒を目指す患者様、終末期をむかえる患者様が混在していました。その中で終末期の患者様への関わり方がわからず、新人ながらも強く無力感を感じていた事を覚えています。そのことが緩和ケアに関わる看護を目指した原点になっていると思います。そんな長年の思いを抱えながら2016年緩和ケア認定看護師を取得しました。
当院は緩和ケア病棟はなく、一般病棟で緩和ケア対象の患者様を看させていただいています。現在は緩和ケア委員会として、院内の活動を多職種のスタッフと行っています。まだまだ始まったばかりで試行錯誤しながらの活動ですが、少しでも患者様、ご家族の体や気持ちのつらさが軽減され、その人が望む生活がおくれるようなケアを提供できるように、スタッフ皆で力を合わせ頑張っていきたいと思っています。

柏厚生総合病院 乳井 直子