AMGホーム > AMG部門紹介 > リハビリテーション

AMG部門紹介 AMG各部門の業務内容などのご紹介

AMG部門紹介

リハビリテーション採用情報の詳細

リハビリテーション

ごあいさつ リハビリテーション部 部長 奥村 博文

奥村 博文 リハビリテーション部部長上尾中央医科グループ(AMG)リハビリテーション部のPT・OT・STは2,000名を超えております。
AMGリハビリテーション部では、多岐にわたる活動ができる人財の育成にも積極的に取り組んでいます。それぞれの職種(PT・OT・ST)でのラダー制度も構築中で、気道吸引研修、「基本動作の介助と誘導」研修、訪問リハ実務者研修、認知症研修や科長以上が講師となって後輩にノウハウを伝達するスキルアップ研修会(年間20回以上)など、多くの研修会が行われています。管理職対象の研修もあり、次世代のリーダー発掘にも力を注いでおります。
上尾中央医科グループは、手厚いリハビリテーションにより、対象者の方々のADLの改善や活動・参加面の改善にも自信を持っております。また、私たちの行っているリハビリテーションの効果を実証していく活動も進めております。
今後も、地域の患者様・利用者様のニーズにお応え出来るよう、日々研鑽を積み重ねてまいります。

研修関連

新入職員研修会 職種別、地区別、各病院施設別の充実した研修
医療、介護の基礎知識の習得
AMGリハビリテーション部理念・目標の理解、ガイダンス
PT・OT・ST部会 業務上の解決策、同一職種による交流
勉強会報告、症例検討、研修会の実施
認知症研修会 高齢化社会への対応
認知症の最新知識の習得、症例検討
気道吸引研修会 気道吸引の技術の研修・認定
全員認定を目指す
リハ・看護合同企画研修 急性期リハ検討会
回復期リハ検討会
維持期リハ検討会
在宅支援サービス検討会
入所支援サービス検討会
*リハ・看護・介護・ケアマネ職 協働を通し、連携を密にしていく
チャレンジ研修 AMG内の他施設の見学や研修を通し、自己の能力向上を図る
システム、知識、技術の習得、グループ内の連携強化
スキルアップ研修会 基本動作の誘導と介助
痛みの治療(腰椎・下肢~頸椎・上肢)
頸部脊柱・脊髄疾患へのアプローチ
呼吸・循環のフィジカルアセスメント
在宅復帰・支援への工夫
健康教室指導者講習 他
*年間約20回の「座学~実技」研修まで幅広く開催

  その他、職員対象の研修を40項目程、開催しています。

職員数(平成29年4月末現在)

リハビリテーション部職員 男性    954名
女性 1,223名

ホームページ URL

リハビリテーション部のホームページはこちらになります。