MENU

仮想通貨FXで追証なし(ゼロカット)なら海外取引所一択?国内取引所との法律の違いから注意点を解説

海外仮想通貨取引所(海外FX業者)では、仮想通貨FXを追証なしで取引することができるゼロカットが採用されています。

これにより、取引時に証拠金以上のマイナスが生じてしまった際であってもユーザーが損失を補填することなく利用することが可能となっています。

本ページでは、仮想通貨FXの追証制度の国内と海外の違いから追証の仕組み、追証なし取引所を利用するときの注意点などを分かりやすく解説していきます。

当サイト限定!口座開設キャンペーン情報
スクロールできます

それぞれバナーをクリックすることで、特典が適用された公式口座開設ページへアクセスすることができます。

目次

国内仮想通貨取引所では追証なしが法律で禁止されている

結論から言うと、国内の仮想通貨取引所では金融商品取引法によって追証なし(ゼロカットシステム)の仕組みを取り入れることが禁止されています

下記は金融商品取引法において、損失の補填=追証なしが認められていないとする箇所を抜粋したものになります。

第三十八条の二 金融商品取引業者等は、その行う投資助言・代理業又は投資運用業に関して、次に掲げる行為をしてはならない。

二 顧客を勧誘するに際し、顧客に対して、損失の全部又は一部を補てんする旨を約束する行為(損失補塡等の禁止)

第三十九条 金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。

三 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させる行為

このような記述がなされているため、国内取引所がゼロカットシステムを導入したいとしても法案を改定しない限りは不可能となっています。

これは為替や株式のFXにおいても同様となっており、追証なしで取引したいのであれば海外取引所を利用することが鉄則となってきます。

海外の仮想通貨FXができる主要取引所では、追証なしが当たり前のように採用されているため急変同時であっても安心して取引することができます。

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXとは、FX(外国為替証拠金取引)と同様に証拠金を取引所に預け入れることでレバレッジをかけて取引することを指します。

レバレッジは、「てこの作用」を意味しており証拠金を担保にすることで資金を借り入れ、より大きな金額で取引することが可能となります。

現物取引の場合は買い注文後に、価格が伸びた場合にのみ利益を確定させることができますが仮想通貨FXでは手元に仮想通貨を用意する必要はありません。

そのため、将来的に価格が下落すると考えられる場合には売り(ショート)から参入し時期を見て買い戻すことでも利益を生み出すことが可能となっています。

仮想通貨FXの追証・ロスカットとは

仮想通貨FXの仕組みを理解したところで、いちばん重要な追証・ロスカットについても分かりやすく解説していきます。

仮想通貨FXの追証とは

仮想通貨FXの追証とは、仮想通貨FXの取引に失敗し証拠金維持率が一定の水準を下回ってしまった場合や一定の損失が発生してしまった場合に追加で資金を預け入れる必要がでてくる現象を指します。

この時、追証として追加で資金を預け入れることができなかった場合は元本を回収するために強制的にポジションが精算され借金を負うことになってしまいます。

仮想通貨FXのロスカットは証拠金維持率が鍵

仮想通貨FXのロスカットの仕組み

仮想通貨FXのロスカットとは、取引所が定めた証拠金維持率を下回ってしまうと自動的に建玉が決済されてしまう仕組みを指します。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、保有ポジションに対しての証拠金割合です。算出方法は次のとおり。

証拠金維持率(%)=純資産÷必要証拠金×100%

証拠金維持率が低いほど、ロスカットまでのカウントダウンが近づいていることを意味するためポジション保有前におおよその数値を理解しておくことが重要となってきます。

追証制度のある国内取引所では、追証が発生する前段階でロスカット処理がされるため預け入れ金額以上の損失が発生しないよう工夫されていますが最近では流動性も少ないため大きなロットを張っていた場合には間に合わずに追証後に借金となることも多いです。

それに引き換え、追証なしの海外取引所では万が一証拠金以上の損失が出てしまった場合であっても仮想通貨取引所が全額肩代わりしてくれるためユーザーの借金リスクは皆無となっています。

関連:仮想通貨FX(ビットコインFX)海外取引所おすすめ比較ランキング

仮想通貨FXを追証なしで取引できるおすすめ海外取引所

仮想通貨FXを追証なしで取引することができる海外取引所は複数存在しますが、その中でも特におすすめできる取引所を厳選して下記3つ紹介していきます。

仮想通貨FXを追証なしで取引できる外取引所
  • Bybit(バイビット)
  • MEXC
  • FXGT

Bybit(バイビット)

Bybitは、UAE(アラブ首長国連邦)に本社を構える仮想通貨取引所です。

日本人向けにサービスを展開する、Bybit Globalはセーシェル共和国に拠点を構えているためトラベルルールの影響を受けずに送金を行うことができます。

仮想通貨FXに対応の取り扱い銘柄数は300種類を超えており、流動性の高いものであれば最大125倍で取引することが可能となっています。

なお、今なら期間限定で口座開設ボーナスとして6,000円相当のトレード資金を受け取ることができるため悩んでいる方はチャンスですよ!

MEXC

MEXCはシンガポールに本社を構える仮想通貨取引所です。

仮想通貨FXに対応の取扱銘柄数は200種類と決して多くはありませんが、他取引所では取り扱われていないものが多く最大レバレッジも200倍まで設定することができます

取引手数料も業界最安のメイカー:0.01%、テイカー:0.05%に設定されているためポジション量が大きい取引であるほどコストを削減に繋がります。

なお、今なら期間限定で口座開設後に本人確認を完了させることで50USDT相当のトレード資金を受け取ることができてしまいます。最大レバレッジ200倍で運用することで10,000USD相当のポジションが持てますよ!

FXGT

FXGTはセーシェル共和国に本社を構えている為替・仮想通貨ハイブリッド型の海外FX業者です。

先に紹介した2つの取引所は専用のプラットフォームで取引できるのに対し、FXGTでは世界的な取引ツールであるMT4・MT5で仮想通貨FXをすることができます。

最大レバレッジ1,000倍まで設定することができるので、1万円の証拠金で1,000万円相当の取引をすることも可能です。

なお、今なら期間限定で20,000円の口座開設ボーナスを受け取ることができるキャンペーンを実施中なので取り敢えずやってみたい方にもおすすめです。

仮想通貨FXを追証なしで取引するときの注意点

仮想通貨FXを追証なしで取引するときの注意点
  • 日本円では取引できない場合がある
  • 証拠金は失っても許容できる金額までにする
  • 高いレバレッジを設定しない

日本円では取引できない場合がある

海外仮想通貨取引所の殆どでは、日本円を証拠金として仮想通貨FX取引をすることはできません。

基本的には米ドルにペッグされたUSDTを証拠金として利用することで法定通貨と同様に取引することができます。

日本円で仮想通貨FX取引したい場合には、FXGTやXMTradingのような海外FX業者を活用するようにしましょう。

証拠金は失っても許容できる金額までにする

追証がない海外取引所では、証拠金以上の損失が発生してしまった場合であってもマイナス分を新たに追加して支払う必要はありません。

しかし、借金リスクがなくなるからといって自分の許容できる金額以上に入金してしまうとロスカットされてしまった場合には入金額分全てを失うことになるため注意が必要です。

海外取引所ではボラティリティの高いミームコインなどもFX取引ができるため為替よりも利益を出しやすい分、損失も発生しやすくなっているため過度な証拠金利用を行わないようにしましょう。

高いレバレッジを設定しない

証拠金の話と被ってしまいますが、海外取引所では最大1,000倍のハイレバレッジで取引することができるため大きな利益を得やすい分、損失も大きくなりやすい傾向にあります。

国内取引所と比較するとゼロカットが採用されている分、リスクは限定的になりますが必要以上のレバレッジをかけてしまうとロスカット水準が狭まるため自分のリスク許容度に合わせて調節する必要があります。

仮想通貨FXの追証なし(ゼロカット)に関するよくある質問

ゼロカットシステムが採用されているおすすめの仮想通貨FX取引所はありますか?

ゼロカットがあるおすすめの仮想通貨取引所は、BybitとFXGTです。取り扱い通貨数や流動性で選ぶのであればBybt、口座開設ボーナスや入金ボーナス、最大レバレッジで選ぶのであればFXGTがおすすめとなっています。

ゼロカットシステムが採用されていれば借金(追証)にはなりませんか?

ゼロカットが採用されている場合は借金(追証)になることはありません。損失分は取引所が負担してくれるため安心して取引してください。

ゼロカットに回数制限はありますか?

ゼロカットに回数制限を設けている海外取引所はありません。そのため、回数を気にすることなく追証リスクのない取引を行うことができます。

ゼロカットシステムに罠はありますか?

ゼロカットに罠はありません。ただし、追証が発生しないことを良いことに取引が雑になってしまう方は一定数いるため常に真剣な気持ちで取り組むことが必要不可欠です。

bitFlyer(ビットフライヤー)ではゼロカットがないため追証が発生すると聞きましたが本当ですか?

bitFlyerは、国内取引所のためゼロカットは採用されておらず追証ありとなっています。そのため、ストップロスを設定しておかないと証拠金以上のマイナスが発生し場合によっては追証が払えない事態に陥ってしまうことも考えられます。

コインチェックで追証はありますか?

コインチェックでは、仮想通貨FXを取り扱っていないため追証になることはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次